香港「空前の200万人デモ」自由を訴える人々の肖像【写真特集】

戦いはまだ終わっていない…
現代ビジネス編集部 プロフィール

この1週間は、香港の、中国の、そして世界の民主主義の歴史に刻まれることになるのかもしれない。

6月9日に行われた、香港政府による「逃亡犯条例」改正に反対する市民のデモは、主催者発表によれば100万人を超える人々を動員した。700万人あまりと言われる香港の人口を考えれば、香港の未来を憂い、行動を起こした市民の多さがわかる。

条例審議の延期が決まった15日以降も、市民の怒りは収まらなかった。審議延期ではなく、条例の「完全撤回」を要求する人々の波は、再び香港を呑み込んだ。

 

「STOP SHOOTING」「STOP KILLING」ーー。16日夜、黒いTシャツをまとい、香港政府総部が置かれた金鐘に集まった人々の数は、これまでで最大の200万人規模にまで膨れ上がった。