2022.06.23
# 相続税

58歳娘が青ざめた…母から「9000万円の自宅」を相続した後に届いた「突然の支払い請求」

世古口 俊介 プロフィール

遺留分を支払うために奔走

妹からの請求通り1500万円を支払うしかないとわかった長女だが、実は1年前に自宅のリフォームにまとまった支出をしており、手元にすぐに支払える現預金がほとんどなかったのだ。

資金を用意するために銀行で長期の定期預金を解約したり、証券会社で持っていた株を売却したりと資金繰りに奔走したがどうしても1000万円ほど足りなかった。

長女は相続した自宅を売却することも検討していたが、その手段は私が止めた。不動産を焦って早く売却しようとすると買い叩かれて相場よりも安くなってしまうことが多いからだ。

最終的には相続した自宅を担保に銀行から融資を受け妹への1500万円の支払いに充てた。

[PHOTO]iStock
 

長女いわく「財産がもらえても、もう相続はこりごり。仲が良かった妹家族とは険悪になるし、資金繰りで頭がいっぱいになるし、精神的に疲労困憊してしまった」とのことだ。

母親が生前に家族のために綴った遺言書。しかし、その遺言書のせいで仲が良かった家族が引き裂かれたとあっては浮かばれない話である。

SPONSORED