2022.06.23
# 相続税

58歳娘が青ざめた…母から「9000万円の自宅」を相続した後に届いた「突然の支払い請求」

世古口 俊介 プロフィール

遺留分

私はまず長女に妹からの1500万円の請求の根拠となる遺留分について説明した。

遺留分とはどんな内容の遺言書があっても各相続人が最低限、受け取ることができる財産のことである。

遺留分は法定相続分(法律で定められた相続の取り分)の1/2である。今回は母親の相続財産が1億円で、姉妹それぞれの法定相続分が5000万円なので、遺留分はその1/2の 2500万円となる。

2500万円から妹が遺言で受け取る預金1000万円を差し引いた1500万円を長女に金銭で支払うよう請求があったわけである。

つまり妹は正当な権利を主張しているということである。

 

また「金銭」で支払うというのもポイントである。実は相続法の改正で2019年7月から遺留分は相続財産の金銭での精算が基本になった。

つまり長女は妹にきっちり1500万円を金銭で支払う必要がある。

イラスト/iStock
SPONSORED