2022.06.24

ママはみんなバーキン、朝ごはんまで塾の先生に確認…向いていなかった「お受験ママ生活」

お受験なんてくだらない

JR某駅。紺色のワンピースを着たお母さんが、小さい子どもを怒鳴りつけているところに遭遇した沙也加さん(40代・仮名)は、深い感慨に襲われた。

「娘のお受験を思い出しました。もちろん見ず知らずの人ですから、声をかけたりしません。けれど、もし出来るなら、お母さまのところに行って『そんなに思い詰めないで。お受験なんて人生に必要じゃないから』と言ってあげたかったです」

沙也加さんは数年前のお受験を振り返って、こう断言した。

photo by iStock

弁護士である沙也加さんが、お受験に興味があると言ったとき、同業の友人たちは「そんなこと、やめておけ」「沙也加には向いていない」と笑ったそうだ。

「考えてみると、職場の仲間でもお受験経験者がいませんでしたし、私自身、どう考えても、お受験ママには向いていないと思います」

それでも、沙也加さんがお受験を考えたのには、理由がある。

「娘は食物アレルギーがあって、できれば私が作ったお弁当を持たせたい。そのあたりを柔軟に対応してくれるのは私立小学校かなと思ったんです。夫の意見ですか? まぁ、沙也加がやりたいなら反対はしないけれど、賛成でもないくらいのノリでしたね。夫婦して公立育ちで、あまり知識もなかったものですから」

 

あるお受験に詳しい女性によると、「お受験は子どもが生まれる前から始まっている」そうだ。自分の婚約者を母校の先生に会わせ、子どもが出来たら見せるというプロセスもしくは実績を踏んで、受験という本番に備える。

そういったプロフェッショナルお受験組と比べると、沙也加さん夫妻は出遅れたことになる。

「お受験と相性が合う人と合わない人はいるように思います。うちは夫も弁護士なのですが、資格試験のようにある程度誰にでも門戸が開かれている受験と、お受験は全く性質が違います。お金も相当かかりますし、ご紹介だって必要なこともある。みんながやっているからという理由で挑戦しない方がいいと思います」

SPONSORED