2022.06.18
# 節約

メルカリの「値上がりした送料」を少しでも安くできる「カンタンな工夫」

ポイントは「厚み」だった…!

このご時世、値上がりをするものが増えてきていますが、メルカリでも同じ。6月16日正午以降に購入された商品をメルカリ便で送る際、送料(配送サービス利用料金)が高くなります。

とうとう値上げか……と思う反面、どうにか送料を安く抑えたいというのがユーザの心理ではないでしょうか。そこで本記事では、メルカリの送料をできるだけ安く抑えるテクニックを紹介していきます。

※以下、注記がない限り6月16日の値上げ後の送料

Photo by iStock
 

「厚み3cm」がキモ

メルカリ便の中で、送料が安いのはヤマト運輸の「ネコポス」と日本郵便の「ゆうパケット」です。16日正午以降はネコポスが175円から210円、ゆうパケットが200円から230円となります。

これらのサービスを使えない場合、「宅急便コンパクト」(送料450円。別途専用の梱包資材が必要)や「ゆうパケットプラス」(送料455円。専用の梱包資材が必要)を使うことになり、送料が2倍近くに上がってしまいます。そのためどうしても送料が安い先ほどの2つの方法で送りたいと思うユーザは少なくありません。

この配送方法を使う際に最も大切なポイントは、厚みになってきます。いずれも送れる荷物の厚みが「3cmまで」なので、これを超えないように梱包すればメルカリ便の送料を抑えることにつながります(ただし、縦と横の長さにも制限はあります)。

そのために必要なのが「薄く」梱包すること。ギュッと小さくしてコンパクトに梱包するイメージではなく、平たく、薄くということです。

SPONSORED