2022.06.24

「YouTubeアニメ」経験者だからこそ、「ウェブトゥーンに勝算あり」と言える納得のワケ

2019年2月に創業し、『女子力高めな獅子原くん』や『でんぢゃらすじーさん』のYouTubeアニメを手がけてきたソラジマは、2021年8月にウェブトゥーンに参入。

また2017年8月に創業し、『テイコウペンギン』『混血のカレコレ』『全力回避フラグちゃん!』など、やはりYouTubeやTikTokでアニメを制作してファンを獲得してきたPlottも2022年中の参入に向けて制作に取り組んでいる。

<【前編】「YouTubeアニメの雄」が、ここにきてウェブトゥーンへを参入を決めたワケ>に引き続き、YouTubeアニメ経験者だからこその戦い方について、両社代表に訊いた。

Plott公式HPより
 

企画の精度をいかにして高めるか?

――現状、日本のウェブトゥーン市場はいくつか課題がありますが、ひとつは有望な企画・原作の調達ないし開発におけるスクリーニングです。韓国では誰でも作品を公開できる自由投稿プラットフォームで無数の作品の中から読者に直接評価された作品・作家がフックアップされるか、あるいはやはり何千何万と投稿されるウェブ小説サイトで競争に勝って読者から支持を獲得した作品をスタジオ制作でウェブトゥーン化していることが多い。どちらにしてもテストマーケティングが済んだ人材や企画に投資して大きくしている。一方、日本のウェブトゥーンスタジオはゼロイチで企画から作るケースが少なくなく、ソラジマさん、Plottさんも基本そういう方針ですよね?

ソラジマ共同代表・萩原鼓十郎 われわれはウェブ小説原作もあれば、社内原案もありますし、他社との共同原作開発もやっています。弊社でも小説家以外がウェブトゥーンの原案を作ってヒットさせたケースはすでに出てきていますので、単純に日韓比較できるところではないのかなと。日本はジャンルを問わずクリエイターの層の厚さが圧倒的ですから、そこをウェブトゥーンに活かしていければ韓国式とは違う勝機はあると思っています。

Plott代表取締役・奥野翔太 僕もノベルが原作でないと成功しないという見方には懐疑的ですね。たとえばピクサーは何度も社内で企画やシナリオ、絵コンテなどを作り直しています。たとえ1作しか世の中に出せなくても、10回社内で作り直してから出せば精度は上げられる。僕らはもともとピクサー型の制作を標榜してきましたが、ウェブトゥーンも同じ制作スタイルでチャレンジします。

――もうひとつ、企画のスクリーニングという意味では、ウェブトゥーンには日本のマンガ雑誌のように、読み切りでテストしてから連載を走らせるというリスクヘッジのしくみがありません。LINEマンガやピッコマで配信を望むと最初からそれなりの話数を納品しなければならず、配信されて初めて読者の反応がわかる。そんななかで打率を上げるために、みなさんは作品を世に出す前にどんな工夫をされていますか。

萩原 社内で「この作品はどこがなぜ面白いのか」を一行で説明するというログライン、企画書段階でまず揉み、シナリオでも叩き、ネームはさらに時間をかけてから作画に入っていますね。

奥野 僕らもログライン段階で何度も作り直しています。やはり絵にするとコストが一気に跳ね上がりますから、まずはテキストで入念に詰めてからそのあとの工程に進んでいます。

萩原 書店に納品する話数に関しても、少なくできないかは交渉しています。それから、実は一度配信された作品についても読者の反応を見て内容を描き換えているんですね。

――公開された後に中身を変えている?

萩原 はい。そのあとでプロモーションをかけることで結果も出ています。あとは自社でできることとしては、書店さんの許諾は必要になるでしょうが、公開される前に冒頭の1〜3話をTwitterなりにアップして検証していくのはアリかなと考えています。

奥野 質を担保するためのしくみは、いずれプラットフォームなりコンテンツメイカーなりが誰かしら作ると思っています。結局、大ヒットを産んだもの勝ちで、たとえばにじさんじ(ANYCOLOR)さんのライバー事業にしても、始まったときにあのやり方があそこまでうまくいくなんて誰にもわからなかった。だから各社制約があり、どのやり方が本当にいいのかが見えないなかで「これが正しい」と信じるものに取り組んで、結果を出した人が「正解」になっていく。そういう順番なのかなと。

萩原 現場は執念でやるしかなくて、成功したあとで誰かが分析してくれる。

奥野 日本のコンテンツ業界に勝ち筋は十分あると思いますよ。みんなとんでもなく危機感を持っていて、会う人会う人「世界に行かないといけない」と言いますから。そういう本気の熱量が、最後の最後まで考え切れるか、クリエイティブにこだわれるかに関わってくる。

SPONSORED