2022.06.22

牛角撃破から一転、焼肉きんぐが抱え込む「食べ放題という時限爆弾」

これで安泰かと思いきや…

牛角はもはや敵ではない

この2年以上のコロナ禍で、すっかり消費者の生活習慣は変貌。外食に対する感覚も大きく変わってしまった。そんな中でも、目覚ましい好調ぶりを見せるチェーン店が焼肉業界にある。株式会社物語コーポレーションが運営する「焼肉きんぐ」だ。

6月9日に発表された『2022年6月期5月度 月次売上高前期比(速報値)』を見ても、その勢いは明らかだ。

画像:焼肉きんぐ公式サイトより引用

飲食業界全体で客足が回復傾向にあった4月、5月。同社「焼肉部門」の客数は、前年対比で118.0%、131.5%の伸び。売上高もそれに比例して、120.8%、138.1%の大躍進を見せている。

少し遡った情報だが、近々の同社の決算状況(2021年6月期)も見ておこう。売上高は約640億円。営業利益約25億円、経常利益約42億円のプラスになっている。

これがいかに“圧倒的成長”と呼べるのか。それは絶対的なライバル、かつての焼肉業界の雄「牛角」の苦戦を見れば分かりやすい。

 

牛角を運営する株式会社レインズインターナショナルの決算状況(2021年3月期)は、売上高約409億円。営業利益、経常利益は共に約57億円、約82億円の大幅なマイナスとなっている。

もちろん、これだけでは単純に評価はできない。我々外食コンサルタントは店舗売上評価をする際に大切な経営指標「坪売上(一坪当たりの売上)」で判断してみよう。

SPONSORED