芸能人であるバービーさんと2021年の4月に結婚したつーたんさん。付き合い始めたばかりのデートで、バービーさんに無言でスマホを向ける女性たちや、旅行先で「はやく! 撮って!」とビデオ撮影をしはじめた家族連れらしき人たちの言動を目撃し、大きなショックを受けたといいます。

その盗撮現場でのことをお伝えした前編【デート現場でバービーが「盗撮」されているのを目の当たりにした僕の衝撃】に続き、その体験のあとにナーバスになっていたつーたんさんが、改めてバービーさんから学んだことをお伝えいただきます。

前編【デート現場でバービーが「盗撮」されているのを目の当たりにした僕の衝撃】こちら▶︎

楽しかった草津旅行。しかし心にはモヤモヤが…

電車での女性二人組によるスマホでの盗撮、草津温泉での家族連れと思われる人たちによるビデオでの盗撮。その現場を目撃した僕は、交際初日にかーたんが僕の家で口にした言葉を思い出していた。

“私と付き合うことで、つーたんが傷ついたり、心がモヤモヤしてしまうこともあるかもしれない。誰もが理解のある人じゃないから。でもそんな時は、私が守るからね”

-AD-

あの日の僕は、彼女の言葉の意味がよくわからなかった。彼女と付き合うことによって、僕が傷つくなんて全く想像できなかったから。しかし、今ではほんの少しわかる様な気がする。彼女にいつも守られっぱなしだ。全て彼女にはお見通しなんだ。

そんな事件もありつつ、草津温泉の旅館で美味しい食事をいただき、日頃の疲れを解消すべく貸切温泉にもゆっくりと浸かった。2人きりで温泉に浸かるのはもちろん初めてだ。温泉に浸かりながら、肩のマッサージをしたり、背中を洗い合ったりと存分に温泉デートを堪能した。

草津の温泉旅館で迎えた朝。寝起きのかーたん。写真提供/つーたん

翌朝には片岡鶴太郎美術館を巡るなどして、アクティブに草津の街を満喫。東京へと帰るドライブでは、初めてお互いの過去の恋愛について詳しく聞き合うなど、濃厚かつ新鮮な思い出深い帰り道となった。やはりまだ彼女について知らない部分はたくさんある。もっともっとお互いを知りたいと思った。

しかし、こんなに楽しかった旅行だったけれど、僕にとっての草津旅行は、あの親子らしき彼らの印象が残っていたようだ。心の中にモヤモヤしたものがあったが、あえてこのことをかーたんに対して口にすることはなかった。彼女に心配させたくなかったから。

片岡鶴太郎美術館の前で。写真提供/つーたん

せめて僕といる時だけは、芸能人の”バービー”ではなく、”かーたん”で居てほしい。この時に強くそう思った。彼女に守られるのはここまでだ。これからは僕が彼女のチカラになりたい。いくら人前に出る仕事とはいえ、プライベートでも、どこにいても周囲からの視線を感じていたら気疲れしてしまうのではないか。