日本では大学卒業の経済価値は決して高いとはいえない、なぜか?

役に立たない大学と価値認めない社会

日本では大学卒の平均賃金は、高校卒より3割程度高い。しかし、OECDのデータによると、欧米での数字はもっと高い。アメリカは、大学院卒がさらに高くなるという意味で、超学歴社会だ。日本では高等教育の成果が正当に評価されているとは思えない。

日本で大学卒の賃金価値はどのくらいか?

日本は、大学卒と高校卒の間に大きな賃金格差があるという意味で「学歴社会」だと言われることが多い。

by Gettyimages

「賃金構造基本統計調査」(厚生労働省)で学歴ごとの平均賃金をみると、つぎのとおりであり、確かに格差がある(2020年の計数,一般労働者、月あたり)。

男女計では、高校卒 271.5 千円、大学卒 359.5 千円、大学院卒 454.1 千円だ。男性では、高校卒 295.1 千円、大学卒 386.9 千円、大学院卒465.4 千円。高校卒から大学卒になると32.4%(男性では31.1%)増える。大学卒から大学院卒になると26.38%(男性では20.2%)増える。

 

学歴別に賃金がピークとなる年齢階級をみると、ほとんどの学歴について55~59 歳だ。この年齢階層で、高校卒は314.5千円(男性は351.8千円)、大学卒は485.1千円(男性は505.3千円)、大学院卒は657.1千円(男性は676.7千円)だ。

高校卒から大学卒になると54.2%(男性では43.6%)増える。大学卒から大学院卒になると35.5%(男性では33.9%)増える。

関連記事