女性の「困った」に寄り添う本来のフェムテック

女性が抱えるカラダの悩みやモヤモヤをテクノロジーでサポートする「フェムテック」。生理、妊娠・出産、更年期やセクシャルウェルネスまで、さまざまなものが登場しています。女性の「困った」を解消してくれるものとして、女性たちが発想、起業するという新たなるチャレンジも数多く生まれています。

「そもそもフェムテックにはどんなものがあって、どんなときに、どう役立つの? どう選んだらいいの? という声もよく聞くので、それらを1冊にまとめたら取り入れやすくなるんじゃないかと思ったのが、この本を書くきっかけになりました。例えば、妊活中はすぐに結果が出るとは限らず、焦りやストレスを感じながら生活しているカップルも少なくありません。イライラやモヤモヤを減らせるフェムテックを、上手に活用していきたいですね」

というのは、FRaUでもHVPワクチンや緊急避妊薬、DVや貧困問題など、女性の医療や社会問題を積極的に寄稿している医療ライターの及川夕子さん。ここ数年増えているフェムテック情報を整理し、本来のフェムテックが持つ意味を考えているアイテムをセレクトし、悩み別に著書『365日機嫌のいいカラダでいたい。現代を生きる私たちのヘルスケア・アップデートブック 』(‎ ディスカヴァー・トゥエンティワン)でまとめています。

これまで2回にわたり、吸水サニタリーショーツや月経カップなど「生理にまつわるフェムテック」、女性側が対応できる「避妊に関するフェムテック」を、著書から一部抜粋してご紹介しました。今回は「妊活」をテーマにお届けします。

-AD-

以下より、著著より一部抜粋