2022.06.06
# 不動産

3200万円で「天井が低め」のマンションを買った「年収800万夫婦」、二人を襲った「意外な悲劇」

5年前に3200万円で中古マンションを購入した安藤宏さん、智子さんご夫婦。しかし、【前編】「3200万で「天井が低め」の中古マンション買った「年収800万夫婦」、購入を大後悔した理由」で見た通り、そのマンションは天井高が思ったより低く、どこか圧迫感を覚えてしまいます。

購入を決断した智子さんは責任を感じ、不動産業者にキャンセルを相談しますが、320万円を放棄することになると言われてしまいました。そして、さらなる悲劇をご家族が襲います。

写真はイメージです〔PHOTO〕iStock
 

キャンセルはできるのか?

智子さんは諦めきれずに、セカンドオピニオンを求め、知り合いづてで別の不動産業者に現況を相談したところ、ローンに落ちてしまえば「白紙解約」(後述)となり、手付金が返金されるので、「ローンが通らなくなるように新たにキャッシングなどの借り入れをかけてしまえばよい。何で落ちたかまではわからないから」といった提案をされました。

しかし、そもそも虚偽をしてまで売主さんに迷惑をかけてしまうのは違うと思い、結局、このマンションをキャンセルすることは諦めることにしたのでした。「320万円を放棄してまで契約をキャンセルするほどのものではない」「まあなんとかなるでしょう」と考えたようです。

その時は、早く自分たちの「城」が欲しいという気持ちと、320万円の放棄をしたくないことが頭を巡り、「キャンセルしない理由」を探していたのかもしれません。

関連記事