流行視点ではない「フェムテック」を知る一冊

生理、妊娠・出産、更年期やセクシャルウェルネスまで、女性が抱えるカラダの悩みやモヤモヤをテクノロジーでサポートする「フェムテック」。実際にどのような「フェムテック」があるのでしょうか。

そんな手引きとなってくれるのが、著書『365日機嫌のいいカラダでいたい。現代を生きる私たちのヘルスケア・アップデートブック 』(‎ ディスカヴァー・トゥエンティワン)です。執筆したのは、FRaUでもHVPワクチンや緊急避妊薬、DVや貧困問題など、女性の医療や社会問題を積極的に寄稿している及川夕子さん。

「ブームだから取り入れるのではなく、フェムテックを活用することで、女性一人ひとりがやりたいことや、自分が望む快適さを実現できるようになることが理想だと思います。そういった信頼できるフェムテック情報をアイテム紹介、医療情報とともにまとめました。医療情報の監修は、産婦人科医の高橋幸子先生にお願いしました」(及川さん)

前回は、吸水サニタリーショーツや月経カップなど生理にまつわるフェムテックを、著書から一部抜粋して紹介しました。今回は「避妊」をテーマにお届けします。

-AD-