2022.05.29
# 仮想通貨

57歳妻が青ざめた…老後資金を「ビットコイン」に投資した結果、訪れた「衝撃的な結末」

人生100年時代と言われていますが、日本人の平均寿命は過去最高を更新、今後も延伸することが見込まれています。寿命が伸びるのは喜ばしいいっぽうで、老後のお金の不安を抱える人も多いものです。なぜなら、長生きすると金銭的には老後資金を増大させることになるからです。

 

旧友と「財テク」話で盛り上がったB子さん

Aさんは現在57歳。都内の食品メーカーで働いている会社員です。定年は60歳で、65歳まで継続雇用で働ける環境ではありますが、60歳以降の働き方については正直決めかねています。というのも、家計管理は妻に一任していて、家の資産状況を把握しておらず、60歳以降は働かなくても退職金があればなんとかなると思っているからです。

一方でAさんの妻B子さんは現在55歳、週4日ほど扶養内でパート勤務をしています。Aさんが家計管理に興味がないことや、独身時代は財テクが趣味で旅行費用などをその儲けから捻出していた経験もあり、B子さんが家計管理を担うのは夫婦間では暗黙の了解となっていました。

「財テク」という言葉はバブル経済全盛期に使われていたのですが、要するに手持ちの資金で財産を増やすことといった意味です。バブル期に就職してOL時代を謳歌したB子さんは、ワリコーなど割引金融債を購入したり、証券会社の友人から勧められて株式を購入したり、と投資で得た利益でまあまあ美味しい思いをしてきました。

B子さんの友人たちも同じような経験をしていたので、今でも会えば財テク話に花が咲くほどです。最近では、これといった財テクをしていないB子さんですが、なんとか夫の定年までに効率的にお金を増やしたい気持ちだけは強く持っていました。

[PHOTO]iStock

そんな頃、今から3年ほど前になりますが、子供の幼稚園時代のママ友C子さんと地元でバッタリ遭遇したのがきっかけでB子さんは再び財テクにのめり込むようになったのです。たびたび会うようになり感じたことは、20年ほど前では想像できないほどC子さんはお洒落になっていて、身につけるものも上質で、明らかに羽振りがいいなという印象を持ちました。子供が成長して疎遠にはなりましたが、交流が復活すると昔のように話題が尽きることはありませんでした。

近況を聞いてみると、C子さんはアロマの趣味が高じて、いわゆるネットワークビジネスで成功しているとのことでした。いわゆるネットワークビジネスの活動自体は合法ですが、人によってはネガティブなイメージを抱かれることもあるかもしれません。C子さんとしてはあまり公にはしたくないようでしたが、B子さんには正直に話してくれました。人間関係を壊したくないので、友人には勧誘行為はしないと言っていたのも安心できるところでした。

SPONSORED