2022.05.25

26歳男性が呆然…婚約間近の彼女に母親が放った「信じられない一言」

これが人生の転機に…

最愛の人と家族になることが決まっている婚約期間中は、幸せを噛みしめることが多いもの。だが、今回、話を伺った桑原渉さん(仮名・31)は婚約者との新生活を想像すると憂鬱な気持ちになると言う。

「実は、セフレみたいな関係になった元カノと縁が切れなくて。結婚したら、元カノに会いづらくなっちゃうからどうしようって、そればっかり考えてしまいます。」

一体なぜ、渉さんは元カノへの想いを断ち切れないまま、婚約をしてしまったのだろうか。その体験談から、誰も幸せになれないドロ沼婚をしないための注意点を学んでみたい。

[PHOTO]iStock
 

報われなかった学生時代の恋心

渉さんと元カノの木村めぐみさん(仮名・31)は、幼なじみ。活発で明るいめぐみさんは昔から、学校で注目を集める存在だったそう。渉さんは、そんなめぐみさんに小学生の頃から好意を抱いていた。

「初恋でした。でも、相手にとって俺は恋愛対象外。距離感が近すぎて、気づいたら、ノリが合う男友達のポジションになっていました。別々の高校に入った後もずっと好きでした。友達でいいから関わっていたくて、おごるから来いよって、よく遊びに誘っていましたね。」

そんな関係は、めぐみさんが大学を中退し、県外へ行ったことで変化。距離ができたことで、めぐみさんからの連絡は激減。渉さんは自分の恋愛感情にケリをつけようと、他の女性と付き合うようになった。

そして、20歳になった頃、めぐみさんから「結婚しました」との連絡が。それを見て、渉さんは本当に自分の恋は終わったんだと痛感。「おめでとう」と返信した後、連絡を絶った。

SPONSORED