【アメブロブロガー・オギャ子の「捨てる育児」#42】

3人兄弟の母でブロガーで、アメブロ子育てブログ部門連続1位をほこるオギャ子さん(ブログはこちら)。子育てをする中で、「これは引き算できる!」or「いや、これは流石にできない……」と学んだことについて、自身の経験談から書き下ろしの漫画と写真とともに教えていただく本連載『捨てる育児』、第42回目のテーマは「料理への過度なこだわり​」について。

きょうだいが何人かいるご家庭は、1人目の子供の時にはいろいろと丁寧に手をかけていたはずが、それが2人目、3人目ともなるともうてんやわんやで一人一人にたっぷりと手をかける余裕がなくなりがち。そして気づけばどんどんと手間抜き育児に……。でも「手間抜き育児」って別に悪いことではないのでは? 今回は、一番上の子供のお弁当を作る際に、過去を振り返って気づいた「意外な事実」をご執筆いただきました。

子供の健康を考えたご飯づくりはもちろん大事。とはいえ、こだわりすぎるとそれはそれで大変。何事も「ほどほど」が大事なのかもしれませんね(それもなかなか難しいけれど……)。

オギャ子さんのインスタグラム「オギャスタグラム」でもまだ出していない、未公開エピソードをご覧ください。

オギャ子(おぎゃこ)
1982年、大阪生まれ。アメブロブロガー。マイペースなちゅんたん(長男)、心優しく激しさも持つゆいたん(次男)、甘え上手なほーちゃん(三男)という三兄弟の母。夫は輪郭が四角いことから「四角」と呼ばれている(オギャ子さん命名)。転勤族だったが、最近ついに一軒家を購入。四角さんも転職し、いまは家族みんなで大阪住まい。

イラスト・文/オギャ子

当時夫に言われた「ある一言」を、今になって痛感…

\右にスクロールしてお読みください!/