【独自入手】5月22日からのバイデン大統領訪日…その極秘スケジュールを公開する

就任後初の首脳会談へ

バイデン大統領の初来日

5月22日午後4時55分、ジョー・バイデン米大統領を乗せたエアフォース・ワン(大統領専用機)は東京都下の横田米空軍基地に到着する。

バイデン大統領に同行するのは、アントニー・ブリンケン国務長官、ジーナ・レモンド商務長官、キャサリン・タイ米通商代表部(USTR)代表、ジェン・オマリー・ディロン大統領次席補佐官、ジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)、カリーヌ・ジャンピエール大統領報道官らである。

バイデン大統領は23日午前10時に皇居を訪れて、天皇陛下を表敬する。その後、同午前11時から東京・赤坂の迎賓館で岸田文雄首相とのテタテ会談(通訳のみ同席)、少人数会合を行う。

photo by gettyimages

同午後1時30分から迎賓館で行われる日米外務・経済担当閣僚協議(2+2=林芳正外相、萩生田光一経産相、ブリンケン国務長官、レモンド商務長官)の閣僚記者会見に岸田首相と共に参加し、同4時15分に同大統領が提唱した「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」設立に関する記者会見を東京・六本木の泉ガーデンギャラリーで行う。

同夜は、午後7時から岸田首相が主催する歓迎夕食会(東京・白金台の八芳園)に出席する。同所の有名な日本庭園を愛でながらの夕食会にディロン大統領次席補佐官、レモンド商務長官らも同席。

 

翌24日は、午前10時20分から首相官邸で開かれる日・米・豪・印4カ国の枠組みのQuad(クアッド)首脳会合に出席する。時間場所等などの詳細は未定だが、バイデン大統領は同日夕までにオーストラリアのスコット・モリソン首相、インドのナレンドラ・モディ首相と夫々の首脳会談も行う。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら

関連記事