【最新版】広告にダマされてはいけない…じつは、 飲んでも効かない「サプリ一覧」を大公開

これまで、『じつは、摂りすぎると、病気のリスクが高まる「意外な食べ物」50品目を大公開する…!』や『納豆に生卵を「混ぜてはいけない」最悪の場合は毒になる「薬」と「食べ物」危ない組み合わせ』で、健康を損ねる可能性のある食材や食べ物、薬の組み合わせについてをお伝えしてきた。しかしじつは「健康にいい」という触れ込みのサプリメントにも意外と落とし穴があるようだ。

肺がんが増えた?

軟骨を作る成分グルコサミンはエビやカニ、山芋、オクラなどに含まれている。この有効成分をもっと手軽に摂取したいー。そんな思いから、グルコサミンのサプリに手を出す消費者は多い。

ところが'17年に医学誌『ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)』に掲載された論文で、衝撃の事実が明らかになった。1663人の試験結果を解析した結果、「グルコサミンサプリに効果はない」という結論が導かれたのだ。コーネル大学名誉教授のコリン・キャンベル氏は語る。

「複雑な栄養素を含んだ食品を食べることと、サプリを飲むことは、まったく違うと考えたほうがいいでしょう。たとえば強力な抗酸化力を持つ『β−カロテン』は、がんを遠ざけることで知られています。実際、この成分が含まれるニンジンを食べることで、がんになるリスクを下げられることもわかっている。

ところが、実はこのβ−カロテンをサプリで摂取しても効果がありません。フィンランドで行われた研究では、β−カロテンをサプリで摂取した人はむしろ肺がんの発生率が増加したという結果が出ています」

Photo by iStockPhoto by iStock
 

栄養素だけ取り出したサプリの多くは効果がなく、それどころか危険なものまである。本誌では医師や薬剤師の協力を得て、飲んではいけないサプリを表にまとめた。

青魚に含まれる必須脂肪酸DHA・EPAの場合も、これらの成分を含む食品には高血圧の改善や心臓病リスク低下効果がある。

しかしこの効果がサプリで得られるかは疑問符が付く。英オックスフォード大学のチームが'18年に発表した研究では、7万7917人のデータを解析し、「摂取量にかかわらず死亡リスクに有意な差が見られない」という結果が出た。

関連記事