2022.05.23
# 日本株

日本株、「太っ腹な自社株買い」なのに「割安感のある」プロ厳選6銘柄を公開!

4~5月は自社株買い発表が増加

4月から5月にかけては、年間でもっとも自社株買いの発表が増加しやすい時期だ。3月期本決算企業の決算発表が集中するほか、直後に株主総会を控えていることなどが影響しているのだろう。今年もご多分に漏れず、多くの企業が自社株買いを発表している。

自社株買いを発表した銘柄群は、相対的に発表後の株価パフォーマンスが堅調となるケースが多い。株式需給や投資指標に対して直接的な好影響があるほか、”自社株は割安”であることを匂わすシグナリング効果も無視できない。

自社株買いの規模が発行済み株式総数に対して大規模であるにもかかわらず、株価に割安感の残る銘柄に注目してみたい。

photo by iStock

ワコールホールディングス(3591)

婦人下着で国内首位。国内の百貨店や量販店で強固な販売ネットワークを持つほか、海外事業も米国・中国・欧州などへ積極展開している。

前22.3期の決算(米国会計基準)は営業利益が50億円となり、21.3期の11億円の赤字から黒字に転換した。牽引役は、新型コロナウイルス感染症に伴う経済活動制限の緩和が進んだ海外部門(米国や欧州など)だ。

今23.3期も海外事業の成長が期待できるほか、国内事業も百貨店や大型商業施設で営業再開による売上回復が期待できそうだ。収益改善に加えて構造改革の進展も効果を発揮しよう。

 

国際財務報告基準(IFRS)を適用するため前期比較はできないが、会社側は売上高2050億円(単純な前期比較では18.6%増)、営業利益65億円(同29.7%増)を見込んでいる。

また、発行済株式数の8.95%、100億円を上限とする自社株取得も発表した。業績回復シナリオと自社株買いの期待は、年初来安値圏にある株価の下支え要因となりそうだ。

SPONSORED