【独自】維新の会・参院選の「目玉女性候補」が道交法違反の疑い!違反認識後も継続、隠蔽の指示まで

熱心な太陽光発電導入論者

「こちらの写真はSNS等で使用しないこと。片手運転は本来道路交通法70条違反の安全義務違反に該当する。SNSに不用意にあげないように」

こんな指示を陣営幹部が慌てて行ったのは、5月3日昼前のことだ。

海老沢由紀氏は、日本維新の会の参議院選挙東京選挙区での立候補を表明した大阪市議会議員だ。市議会の議事録を見ると、熱心な太陽光発電導入論者であることがわかる。高まる電気代の原因の一つである、上海電力メガソーラーや太陽光発電に対しての反省の弁は、海老沢氏からは聞こえてこない。

海老沢氏のウェブサイトより海老沢氏のウェブサイトより

これまで海老沢氏を巡っては、『FRIDAY』(2022年5月20・27日号)が《維新“美魔女候補“「疑惑の履歴」》と題して、さまざまな疑惑を報じてきた。

その中の一つが、《大阪市議選に出馬した際、選挙区での居住実態がなかったのではないか》という疑惑だ。海老沢氏は「居住実態がある」として否定している。

海老沢氏の大阪での居住実態は、疑惑を持たれている期間のTwitterで、一切大阪での様子を投稿せず、東京など首都圏での投稿を繰り返したことから、より詳細な証拠の提示を求める声が上がっているところだ。

海老沢氏の代理人は「ツイッターに関しましては、その時期大阪に是非とも行きたいとは思っておらず(大阪に行きたくないのではなく、東京に家族がいるからです)、基本的には東京での活動を継続するつもりで行ってるわけなので、当然ですが、大阪の投稿を出すことはありません」とメールで回答した。

 

これに対し、当時のクレジットカードの記録など、簡単に大阪での居住実態を証明できるのではないかと海老沢氏の代理人に伝えたが、今日現在、返事はない。

今回持ち上がった疑惑は、道路交通法を違反し、さらには違法性を認識した上で、翌日には、また同じ道路交通法違反を繰り返しているというものだ。

関連記事