主にインスタグラムで「結局怖いのは人間だよね」というテーマで漫画を描き、56.2万人(2022年4月現在)のフォロワーがいる、ちなきちさん。今までは主にご自身の実体験を中心に漫画を作成していたそうですが、多くの方から「私もこんな怖い体験をしました!」「ぜひエピソードを漫画化してほしい!」という意見があり、現在はエピソードを公募し、漫画化したものを投稿しています。

その中でも反響を呼んでいるのが、子どもを連れて出て行った妻と、原因に全く心当たりがない夫の夫婦のすれ違いの実話を元にした作品『僕と帰ってこない妻』。インスタグラムに投稿するたびに多くのコメントが寄せられています。

夫は妻を否定するばかり…会話にならない夫婦

ごくごく普通の夫婦に起きたすれ違いを描いたエッセイ漫画『僕と帰ってこない妻』。主人公の和樹は「家族サービス」をしっかりするという自称イクメン夫。

誰もが羨む円満な夫婦関係だったはずなのに、ある日突然「書置き」を残して妻・雪穂と子供が出ていってしまいます。思えば雪穂と和樹の関係性に変化があったのは、雪穂の妊娠が判明したときからでした。

雪穂のつわりが始まったことで二人の生活が一変します。特に雪穂は「切迫流産」と診断されたことで退職せざるを得なくなり、それをきっかけに和樹は嫌いだった上司にも媚びへつらうことで会社での評判を上げていきます。

一方で、子育てに対しては意欲的になれない和樹。両親学級も、買い物にも付き合おうとはしません。けれど、文句だけは一丁前で雪穂の購入した商品にも口出ししてくる始末。

そして場面は変わり、名づけの話題へ。

『僕と帰ってこない妻』#34(後編)より。漫画/ちなきち
-AD-

雪穂が名前の候補を挙げますが、どれも和樹の「昔の女性」と関連する名前のようで否定されるばかり。今回もまた、話し合いをする気力を失った雪穂が黙って終わるのでした。

果たして、出産までに二人が納得のいく話し合いができるときはあるのでしょうか……。

それでは続きをご覧ください。

漫画/ちなきち