「明日も太陽が東から昇る」根拠は?科学と経験をめぐる基礎知識

「主題」と「対象」の違いを理解する
論文を書くためには、まず、学問の手続きを知らなければいけません。特に人文・社会科学の場合、「主題」と「対象」を混同しないよう注意が必要だと、歴史社会学者の小熊英二さんは言います。
小熊さんが論文の書き方を解説した現代新書の新刊『基礎からわかる論文の書き方』から、「対象」と「主題」の違いと、科学の法則について、学生との対談形式で解説したパートをお届けします。

モノは見えるが、法則は見えない

それでは、対象と主題はどう違うのか。考えてみましょう。

二酸化マンガンと過酸化水素水を混ぜて、酸素を発生させる実験の例でいえば、「材料」と「それを使ってやること」の違いともいえます。これを言い換えると、以下のように考えればいいかと思います。

まず対象とは何か。それは、目や耳、鼻や指を使うなどして、観測できるものです。たとえば二酸化マンガンの粉は、目で見ることもできるし、指で触ることもできます。過酸化水素水と混ぜて発生した泡も、肉眼で見ることができます。機材を使って計測する場合でも、原理的には同じです。これを経験的empiricalに観測できる、という言い方をしたりします。

それと同じように、たとえば「インタビュー相手」は対象です。これは目で見て、話を耳で聞くことができます。歴史学が対象にする文書とか、文学研究が対象にする文学作品などの記載も、目で見ることができます。

それに対し、主題というのは何か。これは、目で見たり耳で聞いたりできない、普遍的なものを求める問いのようなものです。その典型は、「法則の探求」です。「これらの現象に共通する法則性は何か」というのが、世にある多くの論文の主題です。

ところで皆さんは、「重力の法則」を見たり聞いたりしたことがありますか。

Photo by iStock

B え? モノが落ちるのは見たことがあります。

教員 それは、運動している「モノ」を見た、ということですね。あくまで、「モノ」を見たというだけです。「重力」は見たり触ったりしたことがありますか。

B モノを持つと重いです。

教員 それは、「モノに重力が作用した結果とされる重さ」を感じた、ということですね。「重力」そのものを、見たり触ったりしたことはありますか。

B そういわれると、自信がなくなってきました。

教員 そうね。「重力」や「法則」そのものが、見えたり聞こえたりするわけがない。

B じゃあ、「重力の法則」って何ですか?

教員 私としては、「それがあると前提すると、この世の現象が説明できるもの」という立場をとる、と述べておきましょう。

B どういうことでしょう。

教員 私たちが日ごろ見たり聞いたりしているのは、「手を放すとモノが落ちる」ということにとどまります。「法則」は見えたり聞こえたりしない。

B だけど、確かな法則なんじゃないですか?

教員 確かなのは、いまのところ、「手を放したがモノは落ちなかった」という事例は観測されていないということです。しかし、明日以降もずっとそうかどうかは、誰も保証できない。あなたは保証できますか?

B 不安になってきました。

関連記事