岸信夫防衛相のウクライナ「軍事支援」に現場から大ブーイング…「政治利用」の疑いの声も

無茶振りと圧力

防衛省幹部の一部から「岸信夫防衛相の拙速ぶりが目に余る」との批判が強まっている。

岸氏が主導するウクライナへの装備品供与が場当たり的なうえ、島田和久次官ら「官邸官僚」系の幹部が過剰に忖度し、暴走を加速させているのだ。

岸信夫防衛大臣(Photo by gettyimages)岸信夫防衛大臣(Photo by gettyimages)
 

発端は4月19日、岸氏がウクライナへのドローン供与を打ち出したこと。

「自衛隊が保有するドローンはフランスのパロット社など欧米製がメインで、現地で調達したほうが早い」(中堅幹部)と省内では戸惑う声が上がった。

また化学兵器用の防護マスク・防護服も「先方の受け入れ先も決まらないまま『ロシアが化学兵器を使用した疑いがある』という報道を見て、大臣が供与を決めた」(同)。

事態の陰には、安倍晋三政権で約7年もの長期にわたって首相秘書官を務めた島田次官の存在がある。

安倍元首相の寵愛を受けた島田氏は、「『岸大臣がどれだけ無茶を言おうとも、その通りにやれ』という圧力をかけてくる」(別の防衛省幹部)。

関連記事