2022.05.16
# ライフ

37歳妻もドン引き…結婚後に年上夫から勧誘された「怪しすぎるビジネス」

そして、友人たちも離れていった

コロナ禍もあって、多くの人が活用しているマッチングアプリ。中にはマッチングアプリで出会った相手と結婚に至るケースも少なくありません。

一人目の夫と離婚し、再婚を希望している遠藤朋美さん(37歳・仮名・会社員)もマッチングアプリの利用者でした。「バツイチ」で「子どもがほしいと思っている」という条件で相手を探し、40代後半の経営者の男性と知り合ったのは【前編】『夫の浮気で離婚した37歳女性が、再婚相手に求めた「たった2つの条件」』で紹介した通りです。

しかしマッチングアプリでの出会いには「意外な落とし穴」も潜んでいます。朋美さんのケースを手がかりに、メリットとデメリットを解説していきましょう。

Photo by iStock
 

第一印象は良くなかったものの…

出会って数ヶ月、何度もメッセージのやりとりをした後、2人はついに食事をすることになりました。待ち合わせの場所で会った時の相手の男性の第一印象について、朋美さんいわく

写真で見るよりだいぶ老けているな、と。潤いのないカサカサした肌や、少し前に流行ったブランドのロゴ入りの服を着ているのを見て、少しガッカリしたのはたしかです。ただ、私自身もプロフィールは『盛って』いる部分もあったので、お互いさまかもしれないですが……」

じつは朋美さんは、アプリ上で公開するプロフィールに自身の職業を「モデル」としていたといいます。

「友人が勤めるヘアサロンでカラーリングのモデルをしたことがあり、後ろ姿だけでしたけれどお店のHPで紹介されたことがあったので、まったくの嘘でもないはず。

マッチングアプリをはじめたばかりの頃は会社員として登録していたのですが、職業をモデルとしてからはオファーがかなり増えたのも事実です。プロフィール写真も少し加工しています(笑)」

SPONSORED