【最新版】いまもっとも輝いている「令和イチの女優」のベスト50を大公開…!

伊藤沙莉、綾瀬はるか、吉高由里子

女優は時代の花だ。今回、いままさに咲き誇る一流女優たちのランキングを作成した。前編記事『【最新版】抜群に演技のうまい女優は誰か…?令和のイチの「ヒロイン」ベスト50をランキング』に引き続き、ドラマや映画、芸能全般に造詣が深い識者にアンケートを実施し、女優たちについて5つの要素を各10点、50点満点で採点してもらい、令和最高のヒロインを決定する。

樹木希林の再来か!?

上位を見渡すと演技派がズラリと並ぶ。11位の吉高由里子(33歳)は現代風のドラマでこそ生きる女優だという。作家の宝泉薫氏が言う。

「平成後期に流行った単なる『お仕事もの』のドラマはいまは受けない。令和のドラマは働く女性であっても、恋愛や家族の問題など、あらゆる葛藤を持つタイプの女性が描かれている。吉高はそうしたリアリティのある女性を演じるのが、抜群に上手い」

Photo by gettyimagesPhoto by gettyimages
 

これらの演技派女優たちから頭一つ抜けて演技力1位に輝き、総合でも5位に食い込んだのが伊藤沙莉(28歳)だ。前出の碓井氏が言う。

「美人女優ではないですが、あえてそこを武器にして女性の内部に秘めている妬みをうまく表現することができる。

NHKドラマ『これは経費で落ちません!』('19年)では、主演の多部未華子の後輩役で仕事ができない経理部員を演じていましたが、一言一言がリアルで面白く、『こういう人いるよね』と思わせる力がある。このまま女優として成熟していけば樹木希林さんのような名女優になる逸材です」

関連記事