【最新版】抜群に演技のうまい女優は誰か…?令和のイチの「ヒロイン」ベスト50をランキング

いまやってるドラマのあの子は抜群に綺麗だし、先日見た映画の主演女優の演技も圧巻だった……。魅力に満ちた令和のヒロインたち、誰が頭一つ抜けるのか。ドラマ好きたちが選ぶ最高の女優は誰?

広瀬すずの眼差し

「昭和、平成と移ろいゆくなかで、時代を彩る女優像も変わってきました。元号が改まって丸3年が経ちますが、令和の時代も個性的な女優たちで百花繚乱です」(社会学者の太田省一氏)

女優は時代の花だ。週刊現代は今回、いままさに咲き誇る一流女優たちのランキングを作成した。ドラマや映画、芸能全般に造詣が深い識者にアンケートを実施し、女優たちについて5つの要素を各10点、50点満点で採点してもらい、令和最高のヒロインを決定する。

ランキングを見ると、20代前半の若手女優の台頭が目立つ。その筆頭が、総合4位にランクインした広瀬すず(23歳)だろう。美貌点8・8で1位を獲得した顔の造形、特にその吸い込まれそうな瞳は唯一無二のものだ。『みんなの朝ドラ』の著者でフリーライターの木俣冬氏が言う。

Photo by gettyimagesPhoto by gettyimages
 

「彼女にしかない澄んだ眼差しは美しいだけではなく、観ている側に深遠な『ドラマ』を想像させる力がある」

同志社女子大学メディア創造学科教授の影山貴彦氏は、広瀬が是枝裕和監督の『海街diary』('15年)に出演した頃から、その才能の片鱗を見せていたと語る。

「同作中で、広瀬がサッカーをするシーンがあるのですが、はつらつとした躍動感が凄い。野性味がありながらも、清潔さや透明感も持ち合わせていた。

当時はまだ10代半ばでしたが、大きな存在感を放ち、持っているものが違うと感じた。是枝監督も撮影時に『広瀬にはあまり台詞指導をしなかった』と言うくらい、その資質を信頼して自由にやらせたと言います」

抜群のルックスだけでなく、演技面でも天性のものを発揮する広瀬は女優界における次世代の旗手と言えるだろう。

関連記事