2022.05.14
# ライフ

ふたりの子がいる39歳娘に包丁まで出してつきまとう「過干渉な母」への失望

あなたは「私を産んだだけの人」

株式会社クランピーリアルエステートの調査によれば「8割近くの人が義両親との同居はナシ」だと考えているという。回答にもあるように「お互いに気を遣うから」「義両親とはある程度の距離感が欲しい」と思うのは無理もない。

実際、前編記事〈「私は同居はしたくない」夫に押し切られ義父母と一緒に暮らす41歳妻の「深い孤独」〉でそんな事例を紹介した。

しかし義実家との付き合いだけがつらいわけではない。たとえ実の家族どうしでも軋轢が生まれることもある。

本稿では、折り合いの悪い実母に干渉され、ついには「縁を切った」女性の事例を紹介する。

過干渉な母親に振り回されて

「子どものころから過干渉な母に悩まされてきました。高校生のときの門限は5時、大学生のときは6時という異常な家だったんです。

父は仕事三昧でほとんど家にいない。実はうち、私の上に兄がいたんですが小さいとき病死してる。だから母は次に産まれた私を過保護に育て、それが過干渉へとつながったみたい。わかっていても本当に嫌でした。でも言い返すと泣くからめんどうで……」

Photo by iStock
 

そう言うのはルミコさん(39歳)だ。とにかく早く結婚して家を出たかったから、学生時代からつきあっていた彼と25歳で結婚を決めた。彼もルミコさんの家庭の事情を知った上で、結婚して早く家を出たほうがいいということになったのだ。

「ところが母は彼にこっそり連絡して、私の悪いところを列挙。あんな娘と結婚なんてしないほうがいいと吹き込んだんです。彼が冷静な人だったから、私にそれを伝えてくれました。

私は彼を母のところに連れて行き、今までされたことを延々、訴えました。彼と出会う前、ボーイフレンドと映画を観に行こうとしたら母が尾行してきたこと、その人とカフェでお茶を飲んでいたらいきなり『あんなオンナとつきあうと、あなた、大変よ』と言って別れさせたこと。

かつての感情がよみがえって、『いいかげん、私の人生の邪魔をしないで』と叫んでしまいました。母は涙を流しながら『私を捨てるの?』と。これが母の手口なんです」

SPONSORED