2022.05.10
# エンタメ

「嵐」の活動休止後、メンバー主演ドラマが苦戦中…大逆転には“再始動”しかない?

むしろ「起爆剤」になる可能性も

2020年12月31日をもって活動を休止している国民的アイドルグループ・嵐。

光る個性を持ったメンバーたちは、俳優、バラエティMC、キャスターなど個々の活動も活発で、それぞれが高い人気を誇っていますが、5人が集まるからこそとてつもない相乗効果が巻き起こっていました。

そんな嵐、リーダーの大野智さんは芸能活動を休止していますが、残るメンバーは個人活動を継続しており、4人ともグループ活動休止後に連続ドラマの主演を果たしています。

しかし、です。

グループの活動休止から1年半弱、嵐メンバーが主演したドラマはどれも大ヒットと言える結果を残せておらず、国民的アイドルグループの主演作品として考えると盛り上がりもいまいちなのです。

活動休止前の嵐[Photo by gettyimages]
 

前評判が高かっただけに

嵐の活動休止後、連続ドラマ主演の先陣を切ったのは櫻井翔さんでした。

2021年4月期に、櫻井さんは広瀬すずさんと『ネメシス』(日本テレビ系)でダブル主演。若手女優の代表格であり、2019年の朝ドラ『なつぞら』(NHK)以来の連ドラ出演となる広瀬さんとの共演ということで、前評判はかなり高かったと記憶しています。

けれど蓋を開けてみると、世帯平均視聴率(関東地区、以下同)は第1話こそ11.4%と好スタートでしたが、初回から離脱者が続出したようで第2話で9.5%に下がり、第3話以降はずっと7~8%台。盛り上がるはずの最終話も8.6%という結果に。

SPONSORED