ライターの瀧本容子さんは、24歳のときにパニック障害を発症し、47歳の現在まで、統合失調症感情障害、睡眠障害、薬物依存症、摂食障害、アルコール依存症など14の精神疾患と闘ってきたという。
一方、韓国でイラストレーターとして活動するイ・ダンさんは21歳のときに双極性障害を発症し、以後、睡眠障害、パニック障害、不安障害、反社会性人格障害、アルコール依存症、PTSDなどの精神疾患に悩まされてきた。

二人は自らの経験をもとに、ほぼ同時期に本を出版している。瀧本さんは『アイアム精神病フルコース』、リ・ダンさんは『精神病の国から来ました』。そんな二人の対談後編では、精神疾患を持ちながらも他者とつながるにはどうすればいのか、語り合ってもらった。

瀧本容子
1974年、大阪生まれのカラダ張りまくり系実践ライター。20歳から大阪を拠点に一般情報誌の編プロや出版社勤務を経た後、フリーのライター・編集者に。27歳で東京に拠点を移し、サブカルチャー誌を主戦場に、潜入取材記事や体験ルポを積極的に寄稿。自身の経験を活かした精神病・精神薬・メンヘラネタから、文房具・教科書校正までマルチに手がける。著書に「アイアム精神疾患フルコース(彩図社)』


リ・ダン
2009年、イラストレーターとして活動開始。2015年冬からツイッターでうつ病をはじめとする精神疾患について発信を始め、 2016年5月に「女性精病ラー(精神疾患患者をを自嘲的に表現する言葉)自助会」を主宰。 2019年1月から6月までの精神疾患と関連文化を綴った「週刊リダン」をオンラインで発行。レズビアンであることも公表。

インタビュー・構成:安宿緑(韓国心理学会所属、米国臨床心理学修士)

-AD-

「南米の珍しい動物を飼ってるみたい」

リ:容子さんは境界性人格障害(BPD)があったんですよね。私の周辺にもBPDの患者が多く、容子さんと行動パターンがとても似ていますが、パートナーと長期的な関係を結べていません。何故、容子さんはパートナーと17年間も関係を継続できているのでしょうか? 

※編集部注:境界性人格障害は、特徴的な考えや感情を持ち、認知や行動の偏りが大きいために対人関係を円滑に築くことが困難となり、時に自殺未遂や薬物の乱用などの衝動的な行為をしてしまう病気(参考:Medical Note)。

瀧本:私とパートナーの関係性は、ほぼ介護のようなものなのですが……(笑)。私のパートナーはすごく協力的で、一言でいうと我慢強いのかな。私が思うには、彼にはユーモアがあるからだと。「南米の珍しい動物を飼ってるみたいで楽しいよ」と言ってくれるんです

リ:あはは(笑)。

――お二人のパートナーも、生活をサポートしてくれているとのことですが、どのような支援を受けていますか?

リ:パートナーは私の考えが正しいか、そうでないかを最も近くで一次的に確認してくれる存在です。同じ精神疾患者ですが、お互いに性格が違うので私の思考に対するフィードバックをくれます。私も相手に対して、彼女の考えが思考障害や妄想ではないことを確認してあげもするし、判断や公的な発言が適切であるかどうかを見てあげるようにしています。パートナーとの対話を通じて、私が常識的な発言をできる人間であるという自信をもらっています