2022.05.08

【世界初】「オオカマキリ」が「鳥」を狩る“衝撃”の瞬間、その一部始終を撮った…!

昆虫界きっての名ハンター、オオカマキリ。草むらにひそみ、チョウやバッタなどの虫を捕まえて食べるイメージが強いのですが、なんと今回「ダーウィンが来た!」取材班はカマキリが天敵の鳥を襲う究極の狩りの一部始終を世界で初めて撮影することに成功しました。自らの体より3倍の重さはあろうかという鳥を、どうして捕まえられるのか。そのヒントはカマキリの武器であるカマの構造と、狩りのテクニックにありました。世界初の貴重な取材から、オオカマキリの命がけの狩りの秘密に迫ります。(「ダーウィンが来た!」取材班)

(本記事は5月8日放送・NHK「ダーウィンが来た!」の内容の一部を記事化したものです)

【番組紹介】
5月8日(日)よる7時30分(G)
ダーウィンが来た!「世界初撮影!カマキリが鳥を狩る」
公式Twitterはこちら(https://twitter.com/nhk_darwin)
NHKオンデマンドはこちら(https://www.nhk-ondemand.jp
NHKプラスはこちら(https://plus.nhk.jp

衝撃の狩りの現場は日本海の孤島

カマキリが鳥を狩るという衝撃的な情報を聞きつけた取材班が向かったのは、日本海に浮かぶ絶海の孤島、舳倉(へぐら)島です。石川県輪島市の港から船で1時間半あまり離れたこの島は古くから絶好の漁場として知られています。

およそ50人が暮らし、島への交通手段は1日1便の定期便だけ。でも、実は大陸と日本列島を行き来する渡り鳥たちにとってこの島は羽を休められる貴重な場所で、その姿を写真に収めようと毎年秋には大勢の人で賑わいます。

舳倉(へぐら)島/NHK提供
 

この島に40年通うバードウォッチャーの渡部良樹さんは、渡り鳥を狙うオオカマキリの、目を疑う狩りの姿を目撃したことがあるといいます。

渡部さんによると、カマキリが捕まえていたのはキクイタダキという小さな渡り鳥。木々の間を素早く飛び交い、動きは俊敏です。渡部さんが目にした時はキクイタダキがカマキリに完全に捕まってしまい、逃げられる状況ではなかったそうです。一体どのようにしてカマキリは鳥を捕まえたのでしょうか。

関連記事