2022.05.04
# エンタメ # ドラマ # 朝ドラ

『ちむどんどん』、ヒロイン少女時代を演じた11歳の子役・稲垣来泉の「ものすごい来歴」

朝ドラ、早くも三度目の出演

朝ドラ『ちむどんどん』でヒロインの少女時代を演じていたのは稲垣来泉である。

まだ11歳であるが、すでに何度もドラマや映画で見かけている。

ドラマ出演だけで40作を超えるというから驚きである。

その達者な演技と愛らしさには目を惹かれる。

『ちむどんどん』の最初部分は、稲垣来泉の明るさと元気よさが見ものであった。

本人のインスタグラムより

朝ドラの出演だけでもすでに三度目である。

最初は2016年の『とと姉ちゃん』、ついで2019年の『スカーレット』に出ている。
そして2022年に『ちむどんどん』。

当然、みな、子供の役である。

あらためて見直すと、稲垣来泉のすごさがわかってくる。

2016年の『とと姉ちゃん』は、ヒロインの姪っこ役であった。

ヒロインの常子(高畑充希)には子供がいなかったから、だから最初の身内の子供として、かなり頻繁に登場していた。

 

2016年だから、当時、稲垣来泉は5歳である。

5歳なのに達者にこなしていて、大人は5歳の達者な演技にはどうしても感心してしまう。

おそらく役者としての勘の良さは、5歳だろうが50歳だろうが変わらないのだろうけれど、でも5歳児の立派な仕事ぶりのほうに感心してしまうのは、しかたのないことである。

『とと姉ちゃん』で稲垣来泉が登場したのは、物語の後半である。

ヒロイン常子が、雑誌をどんどん軌道にのせ、世間への影響力を持ち始めたころ。

『とと姉ちゃん』は三姉妹の物語であった。

長女の常子がヒロインで、演じるのは高畑充希。

次女・鞠子は相楽樹が演じていた。姉の会社に勤めている水田(伊藤淳史)と結婚して子供を儲ける。その長女・たまきを演じたのが5歳の稲垣来泉。

関連記事