離婚というのは簡単なことではない。しかもそれが国際結婚の場合、それぞれの国の法律もあるため、より一層離婚がやっかいになることがある。「リッツ横浜探偵社」の山村佳子さんのもとには多くの浮気調査が寄せられるが、国際結婚の夫婦も例外ではないという。今回相談にきたのは、35歳の更紗さん(仮名)。イタリア人の夫とは仕事の関係で知り合い、モテる彼が更紗さんを選び、3年前に結婚した。

しかし更紗さんには悩みがあった、ひとつは生活費を一切入れないこと、そして2ヵ月前にマッチングアプリに登録していることを知ってしまったことだ。前編「10歳年上のイタリア人男性と熱愛結婚! 結婚3年目で訪れた夫の「変化」」では、とても優秀で優しく素敵な夫との出会いと、コロナ禍での彼の変化をお伝えした。山村さんの調査で分かったことは。そしてそこからどのように行動したのだろうか。

山村佳子
私立探偵、夫婦カウンセラー、探偵。JADP認定 メンタル心理アドバイザー JADP認定 夫婦カウンセラー。神奈川県横浜市で生まれ育つ。フェリス女学院大学在学中から、探偵の仕事を開始。卒業後は化粧品メーカーなどに勤務。2013年に5年間の修行を経て、リッツ横浜探偵社を設立。豊富な調査とカウンセリングを持つ女性探偵として注目を集める。テレビやWEB連載など様々なメディアで活躍している。
リッツ横浜探偵社:https://ritztantei.com/
-AD-

日本語が堪能、明るくモテる夫

今回の依頼者は更紗さん(35歳・仮名)です。大手食品関連メーカーで一般職として働いています。今回、調査するのは、結婚3年になるイタリア人の夫の素行です。夫は厨房機器メーカーのエンジニアで、10歳年上の45歳。日本語が堪能で明るくてモテるそうです。

依頼者・更紗さんから、「夫は平日は仕事で深夜帰宅。土日のどちらかは出張です」といいます。夫は平日、仕事上いろんなお店に行くというので、可能性が高いのは土日だと確信しました。

しかし、更紗さんからは「平日の素行も調べてください」とリクエストがあり、オフィスから出た後の夫を追います。イタリア人男性ですが、日本が好きで学生時代から頻繁に来ており、日本暮らしも20年を超えるといいます。長身と鍛えられた体の持ち主ではありますが、あまり目立ちません。

ファッションは地味なスマートカジュアルで、イタリア人男性によく言われる、スタイリッシュで派手なイメージは全く当てはまりませんでした。