2022.05.17
# SNS

時代は「ググる」から「Tokる」へ?TikTokが「動画検索」プラットフォームとなる未来

若者の主要な検索エンジンが、WEBからSNSへと移行する流れが進んでいる。「ググるからタグるへ」と言うように、SNS上のハッシュタグ検索はよく知られた現象だが、そこに今、新たな潮流が生まれている。

「タグる」の次は、「Tokる」。そう、あのTikTokが主要な検索エンジンとして利用される時代が今後やってくるのかもしれないーー。

企業のSNS運用支援に定評がある株式会社FinT代表取締役、大槻祐依氏がその可能性を解説する。

TikTokが、Instagtramの「公式ライバル」に

「タグる」という言葉はもともと、Instagram上でハッシュタグで検索する行為を指す言葉でした。「インスタ映え」のブームとも相まってしばらくは若者の主要な検索プラットフォームを牛耳っていたInstagramでしたが、ここ1、2年の間に急成長してきたTikTokによって、その地位は今揺さぶられつつあります。

TikTokは4大SNS(Instagram、Twitter、LINE、Facebook)にこそ入っていないものの、2018年には日本の利用者数が950万人を超え、博報堂の調査によると昨年にはアプリの平均年齢が34歳に上がるなど、マーケターが今最も注目するSNSになっています。

この流れに対して、Instagramは2020年から対TikTokを意識した動画機能の開発を進めてきました。現に2020年には短尺動画機能Reels(リールズ)をローンチ、直近ではTikTok同様にストーリーズを縦スワイプ仕様に開発中であることが明かされました。Instagramの開発責任者はTikTokを名指しで競合相手として認められています。

Photo by Gettyimages
 

日本におけるTikTokブームが遅かった理由は、ローンチ当初から続いた「女子高生や若い女性がダンスをしている動画」というイメージがなかなか払拭できなかったことにありました。TikTok初期のユーザーは比較的露出度が高く、かつプラットフォームのトレンドに便乗した簡単なダンスを披露するというのが典型例だったため、TikTokは若年層女性のダンスプラットフォームとして長く認識されてきたのです。ビジネス的な価値を見出す人はほぼいませんでした。

その傾向が覆されたのが、いわゆる「TikTok売れ」といわれるTikTokが起点となって直接購買に結びつく現象の報告です。

きっかけは30代以上をターゲットにしていた食物繊維補給飲料「ファイブミニ」が、TikTokの投稿が元となって突然倍の販売数になった事例。さらに食料品だけでなく、約32年まえのSF小説『残像に口紅を』がTikTok上でバズったことを機に11万部の増刷が決まったことも話題になりました。

これにより、ようやくTikTokにも購買力があることが証明されたのです。

SPONSORED