2022.05.09
# 本

あの織田信長が、江戸時代に「意外なほど不人気」だった理由

儒教的な考え方では「ダメな君主」
日本で一番有名な戦国武将を聞かれれば、多くの人が織田信長を挙げるだろう。その激烈なキャラクターは多くの人を魅了し、今でも歴史小説やドラマで度々取り上げられている。しかしそんな信長にもかつては不人気な時代があった。武将たちのイメージの変遷を追った新刊『戦国武将、虚像と実像』から、織田信長に対する江戸時代の人々の「意外な低評価」について紹介しよう。
 

儒学者に批判された織田信長

現在、日本で人気がある歴史上の人物と言えば、織田信長と坂本龍馬が二大巨頭だろう。信長には残虐なイメージもつきまとうが、そうした欠点を補って余りある革新者としての魅力が広く認識されている。

ところが、江戸時代における織田信長の評価は、総合的にはむしろマイナスであった。『戦国武将、虚像と実像』で縷々指摘してきたように、江戸時代には儒教が基本的価値観を形作っていたからである。

『甫庵信長記』は、織田信長は知勇兼備の名将で私利私欲に走らず、人を見る目があったと評価する一方で、「武道のみを専らに用い」て文を疎かにした、家臣に対して酷薄であった、家臣の諫言を受け入れなかったことを批判する。

儒教における理想的政治とは、仁徳によって人々を従わせる王道である。武力・策略によって人々を抑えつける政治、つまり覇道は好ましくないと考えられていた。

戦いに明け暮れた信長の政治は言うまでもなく覇道であり、儒学者である小瀬甫庵から見れば手放しで賞賛できるものではなかった。甫庵は同書で「ただ国は富強を以て利とする事なかれ。仁義有るのみ」と説いているが、これはまさに儒教の有徳思想である。

関連記事