ホームレスからチャンネル登録者数33万人超え(2チャンネル合計)の動画クリエーターになったナカモトフウフ。沖縄での生活、旅行、ファッションなど興味ある事を日々配信する中で、夫・ダイスケさんのADHDに関する動画の再生回数は400万回を超え、注目を集めています。

とはいえ、ここに来るまでの道のりは決して平坦ではありませんでした。妻であるちゃんまりさんがADHDの夫の行動に振り回され悩み苦しんだ日々からどのように脱出したのか『ADHDの旦那って意外と面白いんよ 本気で発達障害に向き合った夫婦の物語』にまとめられました。

本書より抜粋の上再編集した記事からお届けする短期集中連載。1回目はつきあってすぐにADHDを伝えられたこと、第2回は妻のちゃんまりさんがADHDの特性を知って考えた対策についてお伝えしました。ちゃんまりさんの視点でお伝えした2回に続き、第3回は、ダイスケさんの視点で、カサンドラ症候群となってしまった妻のちゃんまりさんから言われた「言葉」についてお伝えします。

ADHDが原因でホームレスに

自分と周りとの違いに気付き始めたのは思春期に入った頃。発達障害で周りとコミュニケーションをうまく取れず、ただひたすらに問題行動と誤解されることを繰り返す日々でした。「親にも迷惑をかけているし、このままじゃマズい」という焦燥感に駆られた僕は、自分を変えるために高校3年の夏に生まれ故郷の沖縄から、単身北海道へ行く決意をしました。

北海道で高校を卒業し、その後は寿司職人として働き始めました。しかし人間関係がうまく噛み合わず、さらには厳しい仕事で体調を崩し、恩を仇で返すかたちで店を辞めることに。その後はアルバイトを転々とする日々。ついには貯金もなくなりホームレスになったのです

-AD-

ホームレスでアルバイトを続け、社会生活ができない自分に疲れ果てた僕は、自分がもしかするとサイコパスや自己愛性パーソナリティ障害じゃないかと思い、病院に調べに行きました。診断結果はADHD。このときはADHDのことなどほとんど知りませんでした。
「何かわからないけど俺は障害者だったんだ。異常者じゃなくてホッとした」
このときに僕が感じたのはその感情だけ。自分が異常者じゃないことを知れたというだけで満足だったから、特に治療はうけませんでした。

ADHDは、自分の好きなことには熱中できるけど、苦手なことは全くできないといい特性を知った僕は「とにかく好きなことを好きにやろう」と思い、当時一番好きだったカメラでプロを目指すことを決意。

しかし趣味カメラマンがいきなり写真で飯を食えるはずもなく、再びホームレス生活となるのですが、それも僕には想定内のことだったのです。