2022.04.29

病、獣、女…妖怪・怪異は何をあらわし、人々は何を恐れてきたのか?

なぜ名前を付け、絵にしてきたのか

日本の民間説話や絵画に登場する妖怪や怪異は、人間を襲う敵として描かれたものが数多くある。人々は何を恐れ、なぜ名前を付けて、絵にするなどしてきたのか。『狙われた身体 病いと妖怪とジェンダー』(平凡社)を著した安井眞奈美・国際日本文化研究センター(日文研)教授に訊いた。

 

心身の不調の原因としての悪霊・妖怪

――今でも「腹の虫が治まらない」などと言いますが、腹痛の原因はこの「ハラノムシ」が引き起こしているというような絵が、16世紀の古写本の『針聞書』という資料 に描かれていた――『狙われた身体』によると、日本では病いなどの「見えない敵」を可視化する手段として、名前を付けて認識できるようにし、絵にするなどしてきたそうですね。

安井 現代でもCOVID-19のような感染症に対して「目に見えない敵」という言い方がなされます。もちろん電子顕微鏡などが開発されてからは、細菌やウイルス等も精密なかたちで見えるようになりましたが、その存在すら知られていなかった時代には、「得体の知れないものに襲われている、狙われている」という感覚が強かったと考えられます。

「病名、病因は不明です」と言われるよりは、なんでもいいから名前を付けてもらえると安心するところがありますよね。正体不明なものからの攻撃は、恐怖を倍増させると言えます。

そのため、かつて人々は、痛みや病いなど負の要因を悪霊や妖怪として捉え、あるいは想像力ゆたかに造形したのだと思います。

――原因だと名指されて、名前がわかると安心する、と。

安井 かつては病いの正体を描いてその存在を可視化し、医者にかかるように促していたのかもしれません。それが、娯楽のための絵も描かれるようになり、人気を得ていきました。たとえば『狙われた身体』の表紙に用いた幕末から明治時代頃の売薬の広告では、顏に「養神丸」という薬の名前を書いた憲兵風の人物が、同じく顏に「ハラノイタミ」と書かれた人物に、羽交い絞めにされています。痛みも症状も擬人化して、おもしろく関心を惹くように描かれています。

[PHOTO]iStock

――かつて心身の不調は、悪霊や妖怪が身体に憑くことで生じると考えられ、中世には毛穴が病気の侵入路として意識されていたそうですね。安井さんが日文研の「怪異・妖怪伝承データベース」を使って分析したところ、妖怪に狙われやすい身体部位は「足・手・目・頭・首・髪・腹・顔・背・尻」の順であり、指先、爪先のような日常の労働でケガを防ぐために気を付けるべき身体部位が特に多い、と。ケガや病気の原因として怪異が表象されるということは、傷付きやすいところがイコール妖怪などに狙われやすいところになるわけですよね。

安井 確かにそうなのですが、それほど単純でもないのです。といっても、傷付きやすいところばかりが狙われたわけではないようです。

おもしろいのは鼻や耳、口のような穴の開いたところばかりから侵入してくると考えられていたわけではなく、背中などの広範な身体部位も狙われやすかった。『怪異と身体の民俗学』(せりか書房、2014年)という本にも書きましたが、かつては背中の上部に魂の抜ける場所があると考えられていました。背中は死角ではあるものの、気配は感じるわけで、背後から襲われることの恐怖と考えれば理に適っています。

SPONSORED