2022.04.28
# 本 # 皇室

「くまモンはお一人でやっているんですか?」美智子上皇后の「鋭い質問」を読み解く

天皇(制)とゆるキャラの意外な関係
「くまモンはお一人でやっているんですか?」

かの有名なゆるキャラ「くまモン」と対面した際に美智子上皇后が発したこの質問は、いまだにSNSでよく話題に上る。意外なことに、この一言が「インターネット時代の皇室」を考える際に重要な手がかりとなるという。新刊『SNS天皇論』から、この質問を出発点として新しい天皇論の一部を紹介したい。
 

「国民」になったくまモン

まず分析を試みたいのは皇室による、ゆるキャラ消費の動向である。手はじめに明仁天皇と美智子皇后による2013年10月の熊本県訪問の際の熊本県のゆるキャラ「くまモン」についての報道を検討したい。

天皇皇后両陛下が、熊本県の人気キャラクター「くまモン」と対面されました。

両陛下は28日午前11時半ごろ、熊本県庁で、くまモン体操をご覧になりました。くまモンは老若男女に幅広い人気で、熊本県の伝統工芸品などにも取り入れられています。

くまモンのピンバッジをつけた皇后さまが、「くまモンはお一人でやっているんですか」と説明役の知事にお尋ねになる場面もありました。26日から熊本県を訪問していた両陛下は、28日午後4時すぎに東京に戻られました【注:1】

くまモンは、2011年に行われた第1回「ゆるキャラグランプリ」で1位となった、まさに代表的なゆるキャラである。このキャラクターを「老若男女に幅広い人気」な存在として扱うとともに、その存在を「くまモンのピンバッジをつけた皇后」がすでに認知しているということが、ここには提示されている。

関連記事