事前に参加者のプロフィールをお知らせ

ご招待する際に私が実践しているのは、全員に参加者の簡単なプロフィールをお送りすること。たとえば4名をお招きするホームパーティーの場合、メール等で、AさんにはB、C、Dさんのプロフィールと私とのかかわりや、素敵な思い出などといったポジティブな情報をお知らせし、同様にB、C、Dさんたちにも他の方についてお知らせしておくのです。

前もって情報があると、皆さんが当日までに気持ちの準備をしやすくなりますし、素晴らしい経歴をお持ちなのに、「手前味噌になるので……」とご自分のお話をしない方の魅力を、皆さんに知っていただきたい、という理由もあります。

ゲストリストをあらかじめ送っておけば、こんな方とお会いできるんだな、ということが事前にわかる Photo by iStock
-AD-

パーティーでは、お喋りのきっかけとなる言葉を

オープニングでは必ず、ホストの立場である私から全員をご紹介させていただきます。「Aさんには〇〇で長い間お世話になっています」「この前Bさんに、こんな素敵な経験をさせていただいたんですよ」というように、できるだけその方の人となりがわかるようにお話しします。

もしもポツンと寂しそうにしている人がいたら、「Cさん、スキーがお好きでしたよね? Dさんもすごくお上手なんですよ」などと、お喋りのきっかけになるようなキーワードを提供することも。そうやって一石を投じることで、「じゃあ〇〇へ行ったことはありますか?」というように会話が広がっていくことがありますから。

一方で、当日に突然私の知らないお友達を伴っての参加は遠慮していただいています。情報が一切ない方のおもてなしは難しいということもありますし、お料理の問題もあります。なかには「知らない人と写真に写るのはイヤ」という人もいますので。オープンな空間ではないという意味では、サロンに近いかもしれませんね。

衣装協力/ADORE  abiste 
スタイリング/加藤万紀子  ヘアメイク/ K.Furumoto【&’s management】
構成・文/上田恵子