社内ベンチャー制度を設けても、どうせやらない

西成 今、日本の大企業は新規事業を生もうとしているじゃないですか。たとえば、DXも全社的に行うのが難しいから、社内ベンチャー制度を設けて、うまくいったら分社化していこうと考えている。こうした流れについて、守屋さんはどう思いますか?

守屋 きちんとやるのだったらいいのですが、大抵やらないんですよね。当然ながら、新規事業の方が本業よりも失敗する可能性は高いです。つまり投資リスクをはらむ。ベースが減点法の時点で、新規事業が骨抜きになる傾向は強いんです。

西成 私も大企業の中で、新規事業の種みたいなものが出てきても、やりきれないという状態をよく見ました。

Photo by iStock
 

守屋 新規事業を本気でやるとなったら、当然事業開発の予算を確保しているはずなんだけれど、それが取られていないことがほとんどです。新規事業コンテストをやって、「社員からこんなに集まりました」「このプランが優勝しました」と報告書をまとめて終わり。そこまでの予算は取ってあるが、そこから先の予算は取っていない。何も生み出さないことが暗黙の前提になっていることが、本当に多いんですよね。

西成 大企業も新たな事業を生めないと悩んでいますよね。

守屋 そうですね。ただ、ときどき本当に生み出す会社があるのも事実です。だから、僕はそうした会社に参画させてもらい、「結局生まない大企業」に対して、「大企業だからこそ生めるんだ」ということを発信していきたいと思っています。

関連記事