独政府コロナ政策が「完全敗北」…そして西側世界では日本だけが取り残された

ワクチン義務化法案が否決されるまで

ショルツ政権の完璧な敗北

4月7日、かねてよりの争点であった「ワクチン義務化」法案が、国会で明確に否決された。これは独ショルツ政権(社民党)が果敢に進めてきたものであったため、否決は政府の完璧な敗北と解釈された。

ワクチンまでが政治の争いに利用されているのは納得できないが、実際にはそうなっている。特に、カール・ラウターバッハ保健相(社民党)は全身全霊でワクチン義務化一本槍。氏は前身が医師で、過去に疫病学の研究にも携わっていたという経緯もあり、とにかくメルケル政権の時よりずっと、専門知識を持った政治家としてトークショーに出突っ張りだった。そして、国民にコロナの恐怖をしっかりと植えつけた “功績”を買われたかのように、昨年12月、現政権が成立した時、保健相に抜擢されたわけだ。

Gettyimages

テレビニュースでは、ワクチンキャンペーンの一環として、そのラウターバッハ氏が、ワクチン接種会場を訪れた人に自ら注射を打っていた。そればかりか、彼は最近、いたいけな子供たちにもテレビカメラの前でワクチンを注射しており、私はその光景に絶大な違和感を持った。

ドイツでワクチン接種が始まったのが2020年の12月。当時は、これがコロナ撲滅のための万能の策と喧伝され、待ち構えた人々が我先にとワクチン接種に詰めかけた。当時は70%の国民が2度のワクチン接種を済ませれば集団免疫が形成されてコロナは下火になると言われ、国民は希望の光を見たような気がした。

 

それから2年あまり、ワクチンの効能書きはどんどん変化している。最初は感染を防ぐと言われたが、しばらくしてワクチンを打っても感染することがわかると、今度は、ワクチンを打てば感染しても重症化しないと言われるようになった。

しかし、そのうち、重症化して入院している人の中に、ワクチンを2度接種した人が多くいるということがわかった。当時、その事実を打ち消すためなのか、バイエルン州などで、ワクチン接種の有無が特定できない重症者を、非接種者として統計に組み込んでいることがわかり、問題になったりもした。

さらにその後、コロナの後遺症がで始めると、今度はその怖さが大々的に報じられ、ワクチンを打てば後遺症の症状が軽減されるということになった。また、集団免疫獲得のための接種率も70%ではなく、85〜90%に引き上げられた。

オミクロン株が優勢になると、ワクチンは感染予防には効かないが、打っていれば罹患しても軽症で済むということで、引き続き接種が推奨された。しかも最近は、それまではワクチン接種対象から外されていた子供にも接種が許可されるようになり、対象年齢が5歳以上にまで引き下げられた。病院で若い母親がコロナに罹った赤ちゃんを抱いて狼狽えている様子などがニュースで流され、多くの母親を怖がらせた。

他方、子供たちにワクチンを打つことのデメリットを指摘している専門家も多かったが、政府は今のところ、それらに関しての言及を避け、主要メディアも多くは報道しない。

Gettyimages
 
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら

関連記事