2022.04.22
# マンガ

「一緒にお風呂入ろ」母の再婚相手から性的虐待を受けた女性が苛まれる「言いようのない罪悪感」

漫画家の魚田コットンさんが幼少期から10年間にわたり、母の再婚相手(継父)から繰り返し受けた性的虐待の日々を告白する『母の再婚相手を殺したかった 性的虐待を受けた10年間の記録』が、SNSを中心に大きな反響を起こしている。

シングルマザーの母と姉と三人で暮らしていた魚田さんは、小学校4年生のときに、母が連れてきた友人グループの中にいた“ツカサ”と名乗る男と出会う。彼はのちに魚田さんの新しい父親になる男だった。一緒に遊んでくれたり、母親の代わりに寝てくれたり、可愛がってくれているのだと疑わなかった魚田さん。だが、その愛情は次第に歪みを増していき、果ては幼少期から10年間に及ぶ、性的虐待につながっていった――。

魚田さんは次のように語る。

「この話はもともと運営していたブログで描きはじめたもので、継父による性的虐待は、ブログで公表するまで誰にも言ったことがありませんでした。それになぜか後ろめたさを感じていて、友人や夫を騙しているような気分でいつも過ごしていました。ずっと私の中でどす黒いヘドロの様にへばりついていて、何度も誰かに言おうと思ったり、ネットでどこかに書き込もうとしたりしたことがありましたが、最後まで勇気が出ませんでした。

不思議ですよね、こっちは完全な被害者なのに。なぜか自分が悪いことをしたような後ろめたさや罪悪感を感じてしまうんです」

『母の再婚相手を殺したかった 性的虐待を受けた10年間の記録』(魚田コットン/竹書房)
 

完全な被害者なのに、なぜか後ろめたさを感じてしまう

本記事では前編に続き、魚田さんの承諾のもと、魚田さんが体験した日々を取り上げる。

母の友人として、当時小学校4年生だった魚田さんの前に現れた男“ツカサ”。夕方一緒に遊んだり、姉が外泊でいない時は母の代わりに一緒に寝てくれたりと、魚田さんは心の底からツカサを信用していた。だが、時折彼の暴力的な一面が見え始める。次第に魚田さんはツカサの顔色を伺ってしまうようになっていったという。

しかし魚田さんの身にはさらなる地獄が迫っていた…。

『母の再婚相手を殺したかった 性的虐待を受けた10年間の記録』より

ある日、姉はバイト、母親は仕事で夜遅く、ツカサと魚田さんは二人で留守番をしていた。

(明日も学校やし、先にお風呂に入っておこうかな)

怖がりの魚田さんは普段なら怖くて絶対に一人の時はお風呂に入らないが、その日はツカサがいるので大丈夫だと思ったのだ。しかし、この決断は間違いだった。

関連記事