2022.04.23

見続けると“ボケ”てしまう「危ないテレビ番組」ワースト20…脳の衰えに繋がる?

生活習慣から見直そう

アルツハイマー病の発症を遅らせるのに医学の力にばかり頼るのではなく、生活習慣のちょっとしたことに気をつけるだけで効果があると言われている。その詳細を本稿で明かす。

「コメンテーター」が×

なんとなくテレビをつけて、漫然と番組を見てしまう。よくあることだが、テレビ番組をボーッと見続ける行為は、脳の衰えに直結する。

「脳の情報処理は、インプット、記憶の整理整頓、アウトプットと3つの段階に分かれます。一番大切なのは第2段階の整理整頓なのですが、目的意識もなくテレビを見ていると、インプットばかりで整理につながらない」(おくむらメモリークリニック院長の奥村歩氏)

数ある番組のなかでも、とりわけボケにつながりやすいのが、大上段から奇をてらった持論を振りかざす、(1)同じような顔ぶれのコメンテーターばかりが出てくる朝昼のワイドショーだ。

Photo by iStockPhoto by iStock
 

「どこかで聞いたような話ばかりして、まるで新鮮味がない。予定調和の話が繰り返されるばかりで刺激がありません」(脳科学者の塩田久嗣氏)

最近のニュース番組は、同じような報道VTRを使い回すことも多い。

「世界情勢を把握することは大切ですが、(2)コロナ禍や戦争など気が滅入る情報ばかりを延々と流すニュース番組を見続けると、精神に大きなストレスがかかり、脳の神経細胞が破壊される」(医師で作家の米山公啓氏)

(3)夕方の情報番組も、同じ話の繰り返しで毎日見ると着実に脳が衰える。

「(4)思想的に右寄りの人ばかりが出演し、ワーワーと持論をがなり立てる特定のバラエティ番組や、反対に(5)年配のコメンテーターたちが世間への不平不満ばかりをグチグチ垂れている休日朝の番組は、最初から結論を決めつける思考パターンで脳の機能を低下させる」(精神科医の和田秀樹氏)

SPONSORED