2022.04.21

NHK「4月の番組」改正で、人気が爆上がりしている「次期エース」女性アナウンサーの名前

NHKは4月改編で史上最大規模の人事異動に踏み切った。174人いるアナウンサーのうち、なんと101人の担当替えが行われた。

これまで和久田麻由子アナ(33歳)と桑子真帆アナ(34歳)の2トップに頼りきりだったNHKだが、和久田アナは妊娠・出産でしばらく第一線から退くタイミングで次世代のエースを発掘しようと考えているのだという

そんな大改編をむかえた現在、平均視聴率でいきなり高視聴率を叩き出した女性アナウンサーの名前を全編記事『NHKが期待する「女性アナウンサー」は誰か…人気急上昇の「次世代エース」の意外な名前』でお伝えした。引き続き、人気ばうなぎのぼりのアナウンサーは誰なのかをお伝えする。

気になるタモリの新相方

土曜日に放送されている看板番組といえば『ブラタモリ』だ。4月から野口葵衣アナ(27歳)がアシスタントを務めている。彼女は福岡放送局所属のまま番組に出演するという珍しさで、改編の発表直後から注目を集めていた。コラムニストの桧山珠美氏はこう語る。

NHK『ブラタモリ』の公式webサイトNHK『ブラタモリ』の公式webサイトより
 

「初回放送からキャラが十分に出ていました。タモリさんが『江戸城の周りには、大名ばかりが住んでいたんです』と話すと、野口アナは『バリキャリ(バリバリ働くキャリア官僚)が住んでいたってことですか?』と、NHKの女性アナらしからぬ言葉を使って返していて驚きました。いつか怒られるんじゃないかと目が離せません(笑)」

ただ、「成績」は抜群に良い。3月放送分の平均視聴率が12・6%なのに対して、4月の初回視聴率はなんと15・8%だ。

「『おバカな若い子が、タモリから色々と教わって賢くなる様子を楽しむ』路線が間違っていなかったということでしょう。今後も野口アナのようなタイプが起用されるはずです」(桧山氏)

SPONSORED