2022.04.21
# ライフ

付き合った相手が次々と病む、「メンヘラ製造機」という“悪意なき魔物”

「自分からは口説いていない」

メンヘラホイホイ、という言葉がある。メンタルを病んでいる人(メンヘラ)と、どんどん付き合ってしまう人のことだ。あなたの周りにも、「付き合っている子がいつも病んでいる」方はいないだろうか。それが、メンヘラホイホイである。

しかし、「付き合った子が元から病んでいた」のと、「付き合ううちに病んでいく」のでは、大きく事情が異なる。元から病んでいる相手と付き合いたがっているなら、それはただの好みだろう。だが、付き合った相手を病ませているのなら、そこには何か原因があるはずだ。

そこで、筆者は「メンヘラ製造機」とでもいうべき男性と接触し、詳しく話を聞いてきた。典型例といえそうな彼の恋愛を振り返ることで、なぜ付き合った相手が次々とメンタルを病んでしまうのか、根本的な理由を考えてみたい。

Photo by iStock
 

いわゆる「メンヘラ製造機」の男性

その男性は29歳。会社員をする傍ら、副業もこなしている。そのためか、生活には余裕がありそうだ。温厚な好青年といったルックスで、物腰も柔らかい。一言でいうと「話を聞いてくれそうな男性」である。

彼は、付き合う相手が「なぜか」次々にメンタルを病んでしまうのだという。彼自身に思いたる節はなさそうだが……。

――最初に病んでしまった交際相手のことを、教えてください。

「初めて彼女ができたのは結構遅くて、まだ大学生だった21歳のときでした。彼女は結構忙しい社会人の女性で、ストレスが多い仕事だったから、よくグチを聞いていましたね。最初はささいなグチでしたが、それがだんだん、家庭環境とか、親子関係とか重い話になっていって」(以下、「」内は男性の発言)

SPONSORED