2022.04.19
# ライフ

85歳母の「老後の資金」を使い込んだ兄が、60代妹に放った「衝撃の一言」

回避する方法はあったのに…

川村典子さん(仮名・61歳)の母・静子さん(仮名・85歳)は、数年前から少しずつ認知症が進んでいて、物忘れなどの症状が激しくなってきました。世話をするのが難しくなった典子さんは、母が不自由なく暮らせる有料老人ホームを見つけましたが、そこで問題になったのが入居費用。実は静子さんの手元にあったご主人(典子さんのお父さま)の遺産を、同居するお兄さんが使い込んでいたのです。

ここからは【前編】『85歳母の「老後の資金」を同居の兄に使い込まれた、60代妹の大誤算』に引き続き、典子さんの事例を参考にしながら、老後のお金の問題について解説していきましょう。

入居費用をめぐって、兄妹関係が悪化

このケースのように、同じ敷地内に別世帯が家を建てて住んでいる場合、土地の一部だけを切り取って売るというのは非常に困難です。こういった問題を抱える土地は買い叩かれる恐れもあります。

Photo by iStock(画像はイメージです)
 

典子さんとお兄さんとの間に結論は出ず、ホームの費用を捻出できる見込みがまったく立たないなかで、静子さんの症状はどんどん悪化していきました。そのころにはデイサービスに通ったりヘルパーさんを呼んだりして入浴の世話などを受けていたのですが、認知症が進行して被害妄想が強くなったことで他人を信頼できなくなり、入浴を嫌がるようになったそうです。

「ひどいときには1〜2か月ほど入浴できていない状態が続いて、そんな母を見るのはとてもつらかった。早く施設に入れたいという気持ちが募りました」

と典子さんはいいます。

SPONSORED