2022.04.15
# 年金

役所は教えない…年金を「60歳、65歳、70歳、75歳」から「一番お得にもらうテク」全公開!

2022年4月より新しい年金制度がスタートし、「繰り下げ受給の上限年齢75歳引き上げ」や「在職老齢年金制度の見直し」などの制度改正が施行されている。前編記事『役所は教えない…4月「年金大改正」で、じつは「損する人たち」の意外な落とし穴』では、75歳繰り下げ受給が得なのか、損なのかについての疑問に答えた。

ほかにも、年金制度の改正前と改正後でいったい何が変わり、私たちの年金にどんな影響を与えるのか――。新制度への疑問をスッキリさせておくために、話題の本『60歳からの得する!年金大改正 働きながら「届け出」だけでお金がもらえる本』の監修者で特定社会保険労務士の小泉正典氏に、みんなが抱えている不安や疑問をぶつけてみた。

年金制度「改正」の影響とは…? photo/iStock
 

「繰り下げ受給」、途中でやめたらどうなるの…?

Q.自営業で年金が少ないため、将来は繰り下げ受給で年金を増やしたいと思っています。自営業で定年がないとはいえ、病気などで働けなくなったとき、繰り下げの予定を途中で変更することはできますか? 途中で繰り下げをやめた場合、それまでの年金は消滅してしまいますか?
 (48歳・女性自営業)

A.繰り下げ待期を途中でやめても、それまでの年金を一括で受け取る方法や、やめた時点の年齢の増額率で受け取る方法が選択できます!

相談者のように、繰り下げ待期を途中で断念した場合、それまでの年金はどうなってしまうのだろうと不安を持つ人も多いでしょう。

安心してください、たとえ繰り下げ待期を途中でやめたとしても、65歳からもらえるはずだった年金はなくなりません。老齢年金は、65歳を過ぎればいつでも請求できます。

具体的には、繰り下げ待期をやめて年金受給を開始する方法は2通りあります。

SPONSORED