負け馬プーチンから距離をとれ-報道表記でロシアを格下げする中国

もはやパキスタンより下の扱い

渦中の外相会談だったが

3月30日、中国の王毅外相は、中国来訪中のロシア・ラブロフ外相と会談した。ラブロフ外相の訪中はアフガニスタン情勢をめぐる近隣諸国の外相会議に出席するためのものだったが、ロシアによるウクライナ侵攻の最中であることから両国の外相会談の中身には国際社会からの注目が集まった。

ラブロフ・ロシア外相(左)と王毅中国外相 人民網日本語版より

日本の場合、各マスコミの報道は概ね、「両国間の関係強化」をこの外相会談の基調として捉えている。たとえばテレビ朝日のwebサイトが会談の当日に配信した関連ニュースのタイトルは、「中ロ外相会談、両国関係の強化を明言」となっており、またNHKは、「中ロ外相会談 “両国の協力関係 引き続き強化”で一致」と伝えているのである。

確かに、中国側の公式発表から見ても、両国外相は会談においては「関係の強化」を強調している。そこから伝わった会談の雰囲気も良さそうであった。

しかし、同じ中国側の公式発表をじっくりと吟味してみれば、中露関係に対する中国側の本当の姿勢はむしろ、「関係強化」とは正反対の方向にあることが分かる。

 

会談が行われた30日当日、新華社通信はさっそく会談の内容を伝えた。翌日の人民日報も新華社通信の報道内容をそのまま記事として載せている。中国の場合、外交活動に関する新華社通信と人民日報の報道内容はすなわち政府の公式発表となるのである。

それでは、中露外相会談に関する中国側の公式発表で注目すべきポイントは何か。1つは、会談を伝える両政府系メディアの関連記事のタイトルにある。

関連記事