2022.04.11

【女子ゴルフ】ここにきて渋野日向子が絶好調…急上昇ピークは「6月全米女子」の可能性

2季ぶりのベスト5

「3日間はいいプレーができて、上位に食い込むことができた。成長を感じられました」

米ツアー・シェブロン選手権で、渋野日向子(23歳)が2季ぶりとなる海外メジャーでのベスト5入りを果たした。

3日目に77を叩いたことが響き4位でのフィニッシュとなったが、初日は69、2日目と4日目には66をマーク。バーディラッシュを見せ、好調をアピールした。解説者の服部道子氏が語る。

「昨年のオフから取り組んできた、トップを低くするスイングが体に馴染んできたのだと思います。これによりティーショットの飛距離が伸び、2打目をショートアイアンで打てるようになってバーディチャンスにつける確率が上がりました」

Photo by gettyimagesPhoto by gettyimages
 

今季、米ツアーに本格参戦してから課題となっていたコースマネジメントにも進歩が見えた。服部氏が続ける。

「難しいピンは無理に狙わず、リスクを考慮しながら攻めていました。

2019年の全英女子オープンは勢いで勝った面があると思いますが、今回の渋野さんの戦いぶりからは、コースの攻略を考えてプレーし、メジャーを勝ち切る可能性を感じました」

SPONSORED