大谷翔平のすごさを最新統計手法で分析する〈前編〉

MVP獲得が妥当だった理由
鳥越 規央 プロフィール

【代替水準対比価値】

これまで使用されてきた指標のほとんどは「平均的な選手に比べてどれだけ得点を増減させたか」というコンセプトで作成されたものであるが、WARは「代替水準の選手と比較してどれだけ勝利に貢献したか」を測るものなので、ここまで求めてきた当該選手の評価が、代替水準の選手とどれだけの差になるかの補正を行う必要がある。

その補正の計算方法は以下の通りである。

570×RPW/MLB打席数合計×当該選手の打席数

第1項の570の意味するところは、まずMLBの総試合数2430試合でのWAR合計が1000に相当し、野手のWARの合計はそのうちの57%を占めるということがわかっているので、それを係数としたものである。

そこに1勝を増やすために必要な得点数を示すRPWをリーグ打席数で割ったものをかけ、さらに当該選手の打席数をかけることで、代替レベルの選手との差とする。

RPWはピタゴラス勝率により10とし、これを用いて大谷の代替水準対比価値を求めると20.0となり、それによる大谷の野手としての評価は「51.1」となる。

代替水準対比価値

570×10/181817×639=20.0

大谷の野手としての評価

40.4+2.5+0.1-13.7+1.7+20.0=51.1

つまり大谷は代替レベルの選手と比較して51.1点の上積みをしたと評価される。それをRPWで割った5.1が、大谷の野手としてのWARであり、大谷が野手として5.1勝分の貢献をしたことを意味している。

アメリカンリーグの「FanGraphs」版WARのランキングを見ると、

  1.  1位 ブラディミール・ゲレーロJr. 6.7
  2.  2位 マーカス・セミエン 6.6
  3.  3位 ホセ・ラミレス 6.3
  4.  4位 カルロス・コレア 5.8
  5.  5位 アーロン・ジャッジ 5.5
  6.   ……
  7.  10位 大谷翔平 5.1

  
と、大谷の野手としてのWARはリーグ10位であり、これだけではリーグで最も貢献したと評価するには厳しかっただろう。

【写真】ブラディミール・ゲレーロJr.野手としての評価は、「FanGraphs」版WAR1位のブラディミール・ゲレーロJr.選手(トロント・ブルージェイズ、写真)に差をつけられた大谷選手だが…… photo by egttyimages

しかし、2021年の大谷は、投手としての貢献も大いにあったのである。

<後編>では、大谷翔平の投手としての能力を見ていくことにしよう。

後編は、こちら(https://gendai.ismedia.jp/articles/-/94124)で4月17日に公開!

本記事は講談社ブルーバックス『統計学が見つけた野球の真理』を再構成してお届けしました。

 SP対談、第1弾に続き、第2弾公開開始!

 第2弾のSP対談は、こちらからご覧になれます 

【この奪三振率は脅威的!!】データ分析から『次世代の藤川球児』候補が浮かび上がる!! 『セイバーメトリクスのプロ』と藤川球児が解析した投手2名とは!? 阪神タイガース投手陣逆襲キーマンもデータで徹底分析! 

 

▼ 第1弾の動画はこちらから! ▼

ここでしか聞けないデータから紐解くディープな野球談議の連続! 超濃密なSP対談!!

鳥越 規央【野球は数字か? 肌感覚か?】記事一覧

統計学が見つけた野球の真理——最先端のセイバーメトリクスが明らかにしたもの

最新のセイバーメトリクスがもたらした「革命」が野球の未解決問題を解く!

 ■amazonはこちら 

関連記事