Amazonが新製品投入で目指す「アンビエント・コンピューティング」とは何か

Echo Show 15の注目機能

「新しい考え方」

Amazonは4月7日から、「Echo Show 15」という新デバイスの日本での発売を開始した。

この製品は、15.6インチでフルHDの大きな画面を備えているが、テレビでもPC用ディスプレイでもない。音声で操作する「スマートスピーカー」の一種である「Echo Show」シリーズの1つとして商品化されたものだ。

(下記画像クリックでAmazonの製品ページが開きます)

【写真】Amazonが日本での発売を開始した「Echo Show 15」Amazonが日本での発売を開始した「Echo Show 15」。価格は2万9980円

Amazonは、これらの機器で「アンビエント・コンピューティング」という考え方を実現しようとしている。

アンビエント・コンピューティングとは、いったいどのようなものなのか?

開発を担当する、Amazon・Alexa デバイス バイスプレジデントのネディム・フレスコ氏に話を聞いた。

大画面を採用

まずは、「Echo Show 15」がどんな製品なのかを確認しておこう。

最大の特徴は、冒頭で述べたように、15.6インチの大画面を採用していることだ。画面上には、家族のためのスケジュールやメモ、写真などを表示できる。

もちろんネットにつながっているので、ニュースや天気などのリアルタイム情報も確認可能だ。カメラが搭載されているのでビデオ通話もでき、内蔵スピーカーで音楽を聴くこともできる。

大画面を活かして、映像を見ることにも適している。Amazonが提供している映像配信サービス「Amazon Prime Video」はもちろん、「Netflix」など他社の動画配信サービスを視聴することも可能だ。

他のEchoシリーズ製品と同様の使い方ももちろん可能で、Amazonの音声アシスタント「Alexa」に声で命令を与えることもできれば、連携するスマート家電を操作することもできる。

ディスプレイはタッチパネルに対応しており、家族への伝言を書いたりする際も簡単だ。

テレビのように横長に置くこともできれば、絵画のように縦に配置することもでき、インテリアのように壁にかけて使用してもいい。

かつて多くの家庭にあった、何度も書いたり消したりできる伝言ボードのデジタル版ともよべるような使い勝手を実現している。

【写真】部屋の壁にかけて、家庭内伝言ボードでの使用例部屋の壁にかけて、家庭内伝言ボードのような感覚で使うことができる

Amazonが語る「自分たちの立ち位置」

よく知られているように、Amazonはスマートスピーカーとして「Echo」シリーズを発売している。

最もシンプルなタイプは丸い球のような形をした「Echo Dot」で、オーディオ品質にこだわった円柱形の「Echo Studio」も用意されている。

なかでも、ディスプレイのついた「Echo Show」シリーズは、いまや「Echo」シリーズの中核とよべる存在だ。ベッドサイドなどに置いてちょっとしたニュースを確認したり、キッチンでレシピを確認したりといった使い方をしている人が多いという。

「Echo Show」シリーズのように、スマートスピーカーにディスプレイが備わった製品は、「スマートディスプレイ」などの名称でよばれている。Amazonだけではなく、たとえばGoogleが「Nest Hub」を発売するなど、他社も同様の製品を投入している。

アメリカでは昨秋に発表され、日本でもこの春から販売されることになった「Echo Show 15」は、そのような製品群のなかでもディスプレイがひときわ大きいという特徴をもつ。

15.6インチもの大きなサイズのディスプレイをつくることになった理由について、フレスコ氏は「初期のEcho Showを出荷した後に、自分たちの立ち位置が初めてわかったから」と話す。

どういうことか。

関連記事