2022.04.08
# ライフ

42歳妻が思い悩む、交際3週間で結婚した年下夫との「ヤバい夫婦関係」

典型的な「共依存夫婦」だ

「夫(妻)に洗脳されてヤバいことになっている」「どう考えても、2人は別れたほうがいいのでは?」と思わずにはいられない夫婦、あなたのまわりにもいませんか? 

もちろん、夫婦がお互いに納得しているなら問題はないものの、相手に過剰に依存し合って夫婦関係のバランスが崩れかけている危険なケースがあるのも事実。夫婦生活はもとより、人生が変わってしまうことすらあるのです。

夫婦問題の専門家である筆者が実際に相談を受けた事例の中から、双方が相手に深く依存してしまう「共依存夫婦」について考えてみましょう。

失恋後に出会った「運命の相手」

「気づけば、私にはもう夫しかいない。でも、『本当にこのままでいいのか?』という夫婦関係についての不安が消えないんです」

と夫婦関係の相談に訪れたのは山本真美さん(42歳・仮名・アルバイト)。パーソナルトレーナーとしてスポーツジムで働く4歳年下の夫と2人、都内のマンションで暮らしています。

Photo by iStock
 

2人が出会ったのは3年前、真美さんは失恋直後で心に大きな傷を負っていたタイミングでした。

「生まれてはじめて付き合った人から、交際4年目にして突然、『好きな人ができた。その子が妊娠したから結婚する』と別れを告げられたんです。私はそろそろ彼との結婚を考えていたところだったのでショックは大きく、しばらく自宅から外に出ることもできなくなってしまいました」

SPONSORED